グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




50年のあゆみ



名古屋学院大学関連資料

  • 「名古屋学院史 1887~1961年」名古屋学院(1961)
  • 「名古屋学院百年史 1887~1987」名古屋学院(1987.10)
  • 「名古屋学院100周年記念写真史 1887~1987」名古屋学院(1987.7)
  • 「名古屋学院大学二十年史」名古屋学院大学(1983.9)
  • 「名古屋学院大学三十年史」名古屋学院大学(1994.8)
  • 「名古屋学院大学五十年史」名古屋学院大学(2014.10)

名古屋学院大学五十年史

本学創立50周年記念事業の一環として2010年2月より具体的な作業が進められてきた、五十年史編集委員会による「名古屋学院大学五十年史」がこの度完成し、2014年10月15日の創立記念日に発行されました。

五十年史では、名古屋学院大学の前身で名古屋最古のミッションスクールとして1887年(明治20年)に創立者フレデリック・チャールズ・クライン博士が設立した名古屋英和学校の開設から現代に至るまで、常に「敬神愛人」の建学の精神に立って人材育成と研究を通じて中部圏の発展に寄与してきた名古屋学院大学の今日までの歩みが記載されています。
【目次】

名古屋学院大学五十年史

第一章 名古屋学院大学の発展と大学創立の時代
(一九六〇年代前半およびそれ以前)
-中・高・大一貫教育体制の実現へ-
第二章 拡大路線模索の時代(一九六〇年代後半)
-総合大学への歩みと瀬戸キャンパスへの移転-
第三章 試練と自立の時代(一九七〇年―八〇年代前半)
-負債問題と大学経営の転換-
第四章 改革と発展の時代(一九八〇年代後半―九〇年代)
-学部・大学院の新設と瀬戸キャンパスの充実-
第五章 複数キャンパスの時代(二〇〇〇年代)
-名古屋への回帰-
第六章 新たな試練と充実の時代(二〇一〇年以降)
-両キャンパスの連携と未来への展望-

創立50周年記念式典・講演会・祝賀会

記念式典・記念講演会 会場

2014年10月25日(土)、ウェスティンナゴヤキャッスルにおいて「名古屋学院大学創立50周年記念式典・講演会・祝賀会」が盛大に開催されました。
当日は秋晴れの中、580名の来賓・招待者の方々、教職員、教職員OBが一同に集い名古屋学院大学の創立50周年を祝いました。

記念式典

稲垣隆司理事長 式辞

式典はキリスト教式礼拝に則り、オルガン前奏に続き賛美歌493番「いつくしみ深い」を斉唱し、高見伊三男宗教部長により聖書「マタイによる福音書5章43~48節」が朗読されました。
その後、本法人理事長稲垣隆司による式辞、丹羽秀樹文部科学副大臣(代理:吉田大輔高等教育局長)、大村秀樹愛知県知事、河村たかし名古屋市長、楠見晴重日本私立大学連盟副会長よりご祝辞をいただきました。

記念講演会

藤原正彦お茶の水女子大学名誉教授による講演

式典に続いて創立50周年記念講演会として、藤原正彦お茶の水女子大学名誉教授より、「日本人の心を取り戻す」と題した講演が行われました。
講演では現代は「惻隠(そくいん)の情」など日本古来の心持が薄れており、今こそ日本の国柄を取り戻すべき時であると話されました。

記念祝賀会

木船久雄学長 挨拶

記念講演会後、会場を同じフロアの「天守の間」に移して記念祝賀会を開催しました。
祝賀会は名古屋学院大学50年の歩みを紹介するオープニングビデオ上映の後に開会し、高見宗教部長の祈りに続き、木船久雄学長の挨拶、増岡錦也瀬戸市長、椙山正弘愛知県私立大学協会会長、ディビッド・カーソン・コー大学理事長(米国)よりご祝辞をいただきました。横井弘美元理事長による乾杯があり、アンサンブル白鳥の演奏が流れるなか、50周年を迎えられたことへの感謝と喜びを皆で分かち合いました。
祝賀会の中では、大学創立50周年記念カレッジソング「 LOOK FORWARD~未来をともに」の楽曲が作詞の本学OG青木さやかさんとアカペラサークルの学生により発表披露されました。最後に稲垣理事長より謝辞があり、和やかな雰囲気のなかで散会となりました。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


カレッジソング

LOOK FORWARD ~未来をともに

大学創立50周年記念事業のひとつとして、「名古屋学院大学創立50周年記念カレッジソング LOOK FORWARD ~ 未来をともに」が制作されました。建学の精神「敬神愛人」をベースに、これからの時代を生きる学生への想いを込めたメッセージソングとして、本学卒業生の青木さやかさんが自身の体験を踏まえ書き上げた詞に、作曲家池田陽介さんの曲を合わせ、名古屋学院大学アカペラサークルに所属する学生のコーラスにより完成しました。また、今回のカレッジソング制作にあたり、NGUエグゼクティブ同友会会員の方々からご協賛をいただきました。厚くお礼申し上げます。

1. 唄:名古屋学院大学アカペラサークル

試聴する
※ダウンロードしたい場合は、右クリックで名前を付けて保存。
スマホの方は、ストリーミングのみとなります。

2. Instrumental

試聴する
※ダウンロードしたい場合は、右クリックで名前を付けて保存。
スマホの方は、ストリーミングのみとなります。

協賛者一覧(順不同、敬称略)
中村規脩、加藤充、下村直己、和田典之、寺尾孝司、塚本久、佐々章、浅野政司、荒木輝彦、杉野祐敬、加山昌弘、渡邉廣道、大西真太郎、安藤繁樹、杉浦敏夫、新谷敦之、山本眞一、喜畑隆之、大島誠一、安藤之人、鵜飼昌治、鈴木和美、泉憲一、安田憲光、尾本和弘、入川達三、池戸史英

卒業生が語る 50年のあゆみ