スポーツに精通した小学校・幼稚園教諭を育てる。保育士資格取得も支援。

紹介動画はこちら

こどもスポーツ教育学科とは?

生涯を通して健康を維持・増進するためには、
幼少期からスポーツする習慣を身につけることが望まれています。
こどもスポーツ教育学科では、
子どもの発育・発達やスポーツに関する専門知識を持ち、
温かいまなざしでこどもたちを指導できる
指導技術を身につけることができ、その成果をスポーツクラブでの
指導や幼稚園・小学校の教育に生かすことができます。

こどもスポーツ教育学科の学び

こどもスポーツ教育学科の学びの特色

子どものスポーツや健康に関する指導者や教員の養成。
子どものスポーツや健康に関する指導者や教員の養成。

幼児・児童期からあそびやスポーツを通して身体活動を習慣づけることの大切さを理解するため、さまざまな領域の科目を用意。それを活かし地域社会や健康関連企業、幼稚園、小学校などで教育・指導にあたることができるようにカリキュラムを組んでいます。

子どもに関する多彩な学び。
教職センターによる充実のサポート。

教員をめざす学生を手厚くサポートしています。例えば、教員採用試験のための対策講座やミニ講座の開催、また実践的な模擬授業対策にも力を入れています。さらに現場で活躍した元教員によるアドバイスが受けられるほか、教職にまつわる資料も閲覧できます。

体験学習を通して現場を肌で実感。
地域連携による体験学習で現場を理解。

近隣の自治体と連携し、幼児・児童の体力測定や運動指導を行ったり、学生が補助教員として授業に入ります。実際に幼児や児童と関わることで、早い時期から指導の難しさや問題点を認識し、指導力の向上を図ることができます。

4年間の演習を通しての一貫した教育・指導体制。
4年間の演習を通しての一貫した教育・指導体制。

1年次の基礎セミナー、2年次専門演習、3 年次研究演習、4年次卒業研究と、各学年に演習を配置し、プレゼンテーション、レポート、科学的視点での分析能力を高めます。教員と学生が十分な対話をしながら卒業研究のまとめへと進めます。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

※学部・学科の名称・教育内容は予定であり、変更となる場合があります。

4年後のビジョンを明確に

取得できる資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • レクリエーションインストラクター:楽しい交流促進や、楽しさの体験に主眼をおいた技術を、多くの人々に提供する指導者

目指せる職種・進路

  • 小学校教諭,幼稚園教諭,保育士,スポーツ施設、スポーツ産業,公務員,一般企業,ジュニアスポーツ指導員(受験資格)など
紹介動画はこちら