グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  スポーツ健康学部 >  スポーツ健康学科

スポーツ健康学科


DEPARTMENT OF HEALTH AND SPORTS

スポーツを通して運動の楽しさと健康の喜びを伝え、健康づくりをリードする人材に。

スポーツには今日、個人の趣味や体力づくりにとどまらず、青少年の人格形成や、高齢者の生きがいづくり、レクリエーションやエンターテインメントなど多様な役割が期待されています。特に高齢化の進む日本においては、国民の健康の維持増進は重要なテーマであり、国の医療・福祉政策や地域づくりにも大きな影響を及ぼしています。

こうしたスポーツに対する社会の期待やニーズの高まりに応えるため、スポーツ健康学科では、人間の身体の仕組みとスポーツとの関係を正しく理解し、健康の維持増進を効果的にサポートできる能力の開発をめざしています。健康科学に基づく広範な分野の知識や技術の修得とともに、多彩な実技科目と指導体験を通して、スポーツ指導者としての確かな実践力を養成。将来は、健康関連企業や学校、福祉施設など多彩なフィールドで、スポーツを通して運動の楽しさと健康の喜びを伝え、健康づくりをリードする人材を育成します。

スポーツ健康学科とは

健康科学やスポーツ科学に関する広範な知見を学ぶことにより、健康生活の構築にとって運動やスポーツが必要であることへの理解を深めます。教育に関しては中学校・高等学校の保健体育免許を取得することができます。また地域や職場のスポーツや健康事業に関しては、いくつかの資格やその取得のための受験資格が取得できます。

スポーツ健康学科の教育研究上の目的

スポーツ健康学科は、幼児期から高齢者までを対象とした、生涯スポーツを通しての健康づくりと維持・増進について学び、実践できる人材の養成を教育目標としています。

スポーツ健康学科の特徴

スポーツ科学・健康科学を理解する

専門教育は「学科基礎科目」の上に「スポーツ科学科目」「健康科学科目」「スポーツ実技科目」「演習科目」の学科専門科目の4本柱があり、それぞれの領域について段階を踏んで学びます。

中学校・高等学校の保健体育教諭を養成

中学校又は高等学校教諭養成に係る教科・教職科目を修得し、その他教育実習等の必要要件を満たすことにより、教員免許が取得できます。

スポーツや健康関連の資格取得(受験資格)が可能

▶ 取得可能な資格
スポーツリーダー/レクリエーションインストラクター
▶ 受験資格を得られる資格
アシスタントマネージャー(受験資格)/ジュニアスポーツ指導員(受験資格)/スポーツプログラマー(受験資格)/健康運動指導士(受験資格)/健康運動実践指導者(受験資格)/健康管理士一般指導員(受験資格)

非日常的な身体運動とスポーツのこと、そして自然との関わりを知る。

毎年2月、3泊4日の日程で長野県菅平高原スキー場において実施される、実習形式の授業です。スポーツ健康学科とこどもスポーツ教育学科の両学科学生が、非日常環境下での集団生活を通して、人間関係の構築を体験する貴重な時間にもなっています。スキーというスポーツは、陸上スポーツでは味わうことのない運動要素を含んでおり、実習を通して特殊なスポーツスキルを知ると同時に、指導法を学ぶことも狙いとしています。スキーは豊かで健康な生活の一助となるスポーツであり、自然環境と密着した生涯スポーツの一つです。

取得できる資格・免許

教職課程で取得可能な教員免許状

  • 高等学校教諭1種免許状(保健体育)
  • 中学校教諭1種免許状(保健体育)

取得できる資格(受験資格)

  • スポーツリーダー
  • レクリエーションインストラクター
  • アシスタントマネージャー(受験資格)
  • ジュニアスポーツ指導員(受験資格)
  • スポーツプログラマー(受験資格)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • 健康運動実践指導者(受験資格)
  • 健康管理士一般指導員(受験資格)

主な就職先

  • 中学校・高等学校の保健体育科教員
  • 健康・医療品関連企業をはじめとする一般企業
  • 資格・技能を活かしたスポーツ関連企業
  • 公務員

シラバス参照システム
(別ウインドウが開きます)