対象者別メニュー

総合政策学科 経済学部 総合政策学科

現代の様々な問題を多角的に捉え、解決のための筋道を考え、地域社会やビジネスに貢献する人を養成します

総合政策学科とは

「総合」とは社会科学全般にわたる広い知識を統合する力を指し、「政策」は積極的な行動で問題解決に当たることを意味します。つまり、地域格差、少子高齢化や環境問題など現代社会の抱えるさまざまな政策課題を、豊かで幅広い知識と現場を重視した行動力で解決に導くのが総合政策学科の学びのねらいです。

総合政策学科の理念と目的

総合政策学科は、社会を見つめる温かなまなざしとともに、経済学を基盤に、法学・政治学・行政学・社会学・経営学などを幅広く学んで自分のものとし、現代社会の課題を主体的に行動して解決する人材の育成を教育目標とします。

総合政策学科の特徴

  • 経済学・経営学・法律・政治学・行政学など、幅広い知識をコンパクトに吸収

    主に2・3年次に学ぶ学科展開科目では、経済学・企業経営・政治・法制度・行政・社会学・社会調査・観光・福祉・文化・地域計画など、社会科学のほぼ全域にわたる科目群を用意しています。

  • 系統的な学習と選択の自由を両立

    学科基幹科目と学科展開科目を明確に分けるとともに、学科展開科目を“経済・産業・企業”、“法律・行政・公共”、“地域・政策・社会”の3つの分野にグループ化し、「何をどの順序で学べばよいか」、「科目相互のつながりはどうなっているのか」といった疑問に答えるカリキュラムを編成しました。

  • キャンパスから飛び出し、問題解決能力を養う「プロジェクト演習」

    2年次から履修可能な「プロジェクト演習」は、教員が提示するテーマに対し、学生同士で協力しながら問題解決に取り組むプロジェクト型の学習で行います。 学生は少人数のチームを編成し、現場調査や市町村との連携などを通して問題解決に取り組みます。
    この体験を通して、「幅広い知識と積極的な行動力」の大切さや、自分が興味をもった分野・自分に足りないと感じた分野に気づき、3年次以降、その分野を集中的に学ぶことも可能です。
    この「プロジェクト演習」は、“公共政策”、“地域創造”、“企業革新”、“社会貢献”という4つのテーマ群で開講する予定です。

受講科目

学部共通科目 必修 ●ミクロ経済学入門 ●マクロ経済学入門
演習 ●演習 ●政策演習
学科基幹科目 ●現代社会入門 ●総合政策入門 ●プロジェクト演習A・B
●日本経済入門 ●地域政策入門 ●社会調査入門 等々
学科展開科目 経済・産業・企業 ●環境経済論 ●現代産業論 ●ものづくり経済論 ●会社法など
法律・行政・公共 ●民法 ●行政法 ●財政学入門 ●社会保障論など
地域・政策・社会 ●まちづくり政策論 ●地域活性化論など
NGU教養スタンダード キリスト教 ●キリスト教概説 ●キリスト教学
自己理解と自己開発 ●基礎セミナー ●発展セミナー ●キャリアデザイン ●能力開発 ●ボランティア学 ●インターンシップ
一般教養 <言語とコミュニケーション>
●日本語表現 ●基礎英語 ●英会話 ●実用英語演習 ●情報英語演習 ●TOEIC英語演習 ●ドイツ語 ●フランス語 ●スペイン語 ●中国語 ●韓国語 ●手話入門
<情報理解>
●情報処理基礎 ●情報概論
<教養科目>
●哲学 ●心理学概論 ●社会学入門 ●現代社会と法律 ●国際関係論入門 ●数理科学 ●地球科学概論 ●日本文化史 ●陶芸論 ●環境科学 ●地域生態論 ●健康の科学 ●スポーツ
など
  • NGUのネット出願!
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ