対象者別メニュー

法学科 法学部 法学科

法学科とは

法学科は、「専門的法知識」と「リーガル・マインド(法的思考力、法的判断力)」に加えて、豊かな教養と人間性、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を兼ね備え、社会・経済・文化の発展に貢献できる視野の広い人材を育成します。

法学科の理念と目的

専門的法知識とリーガル・マインド(法的思考力・法的判断力)を身に付け、また、豊かな教養と人間性、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を兼ね備え、地域の社会・経済・文化の持続的発展に貢献できる視野の広い人材を育成します。

法学科の特徴

希望の進路にあわせた3つの履修モデルを用意

法学科では、自分の希望や進路に応じた系統的な学修ができるように、下記の3つの履修モデルを設けています。

  • 公務員をめざす「公共公益モデル」

    国や地方自治体の各部門で公正・公平に活動できる人材を育成。国家公務員Ⅱ種や地方公務員上級試験を視野に入れた教育を行います。

  • 民間企業をめざす「企業法務モデル」

    法知識と法的思考力を企業活動に活かすことのできる人材を育成。民事法科目・商事法科目を中心に経済活動に関わりの深い専門科目を学ぶとともに、経済学・経営学も広く学びます。

  • 法律学を生かす「資格・進学モデル」

    法学部で学んだ専門知識を生かして活躍する人材を養成。資格試験や就職に必要な法律科目を学びます。

多彩な学外研修

法学部では、導入科目(必修)の「法学・憲法入門」における1コマを裁判所見学に充てるほか、専門科目の中に法律事務所、企業、公共機関等での研修をする「リーガル・フィールドワーク」を設けるなどして、教育の場をキャンパス内に限定せず、地域社会で教育活動を展開可能な教育体制を整備。現代社会のいかなる場面でいかなる法がかかわっているかを体験的に理解し、実社会の中で「生きた法」を学ぶことができます。

公務員試験支援プログラム

法学部では公務員支援プログラムを用意し、皆さんの公務員試験合格を支援します。

地方上級・国家二種合格を目標として、正規カリキュラムに加え自主講座もあわせて学修。宅建、行政書士を1年次・2年次に学修し、資格取得めざすことで難易度の高い公務員専試験の法律科目を早めにカバーします。3年次に教養試験対策を行うことで4年次に無理なく受験できるようになります。

※資格講座:学生が受講料*を支払い、資格取得するための対策講座
※翼法律研究会:法学部の教員が公務員・資格試験志望の学生を指導する研究会です。

取得できる資格・免許

教職課程で取得可能な教員免許状

  • 中学校教諭1種(社会)

  • 高等学校教諭1種(公民)

その他、資格センターでは、資格講座を開講しています。

資格取得プログラム

  • NGUのネット出願!
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ