グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  法学部 >  法学科

法学科


DEPARTMENT OF LAW

幅広い法律の知識と法的思考力を変化の時代を生き抜く力へ

今日、グローバル化や情報化の進展が世界を近づけ、少子高齢化や環境問題が、社会構造の急速な変化を迫っています。多様な価値観がぶつかり合い、変化が加速する時代にあって、私たちの身近な暮らしのなかにも日々、新たな軋轢や課題が生まれています。そんな、人と人の間に生じた課題の解決のよりどころとなるのが「法」であり、法学科では、事実に基づいて法的に判断し、あらゆる課題に対処できる、リーガルマインド(法的思考力)をもつ人材の育成をめざしています。
そのために、法学の幅広い知識を身につけるとともに、現実課題に挑戦する体験的な学びを通じて、法律運用に関する実践力を修得。人と人が寄り添い、社会を形成する基盤となる「法」の役割を正しく理解し、法曹界のみならず、行政やビジネスの現場で、さらに暮らしの隅々に及ぶ幅広い領域で、課題解決に立ち向かうことのできる人材を育てていきます。

法学科の教育研究上の目的

法学科は、法的思考力・法的判断力(リーガル・マインド)、豊かな教養と人間性、コミュニケ―ション能力を兼ね備え、中部圏をはじめとする社会・経済・文化の持続的発展に貢献できる視野の広い人材を育成します。

法学科の特徴

希望の進路にあわせた3つの履修モデルを用意

法学科では、自分の希望や進路に応じた系統的な学修ができるように、下記の3つの履修モデルを設けています。
公務員をめざす「公共公益モデル」 国や地方自治体の各部門で公正・公平に活動できる人材を育成。国家公務員Ⅱ種や地方公務員上級試験を視野に入れた教育を行います。
民間企業をめざす「企業法務モデル」 法知識と法的思考力を企業活動に活かすことのできる人材を育成。民事法科目・商事法科目を中心に経済活動に関わりの深い専門科目を学ぶとともに、経済学・経営学も広く学びます。
法律学を生かす「資格・進学モデル」 法学部で学んだ専門知識を生かして活躍する人材を養成。資格試験や就職に必要な法律科目を学びます。

充実した導入教育

法情報の読み書きや活用能力を身につけるための法学基礎教育の土台をつくり、法学の学びの主要分野である法学・憲法、民法、刑法そして政治学の全体像を理解し、それぞれの分野の基礎を学ぶことによって、専門科目を学ぶ際の学習効果を高めることができます。

4年間一貫した少人数制ゼミ

1年次から4年次まで一貫して、少人数の演習(ゼミ)を必修科目として開講。プレゼンテーションや討論を繰り返す対話型の授業により、論理的に考え、自分の言葉で表現をし、相手を説得する力や理解・共感できる能力を養います。

キャンパスを飛び出す学外学習

1年次には全員による法廷の見学を実施。また、法律事務所、司法書士事務所、企業の法務部門、公共機関などで実習を行う「リーガル・フィールドワーク」を開講。これらを通じ法律が、社会のなかで生きている姿を実感できます。

取得を支援する資格

  • 宅地建物取引士
  • 行政書士
その他、資格センターでは、資格講座を開講しています。

主な就職先

  • 公務員
  • 一般企業の法務・総務・管理部門
  • 法律事務所など

シラバス参照システム
(別ウインドウが開きます)