スポーツ健康学部

スポーツ健康学科

高まるスポーツへの期待に応え、
あらゆる領域で健康づくりのリーダーを養成。

スポーツ健康学科の学びの特色

スポーツと健康をめぐる多様な興味に応える
〜充実したスポーツ施設〜

幅広い科目群を用意し、一人ひとりの興味や将来像に応えます。

体験的な学び
  • 科学的なトレーニングやエクササイズのメニュー作成
  • 健康リスクのある人への運動処方と実践指導
  • 地域におけるスポーツ振興やスポーツ経営

自ら設定した目標を達成する姿勢を育てる

設定した目標に向け主体的に学ぶ環境を提供することで、考え抜き、前に踏み出す社会人基礎力をもった人材を育てます。

資格試験合格支援
  • 中学校・高等学校の保健体育科教員免許
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者

地域の健康づくり活動へ参画し、体験を通した実践力を獲得

体力テスト実施やトレーニング指導を通して、地域の方々の健康増進に貢献します。同時に、世代が異なる方々との交流を通してコミュニケーション力を高めます。

主な活動
  • 健康運動教室(瀬戸市・多治見市)
  • なごや健康カレッジ(名古屋市)

科目ピックアップ

バイオメカニクス

人の動きを力学的に分析・理解して運動技術の評価を行い、その動きの特徴や上達方法を学習します。運動学を含む力学の基礎理解と、実際の身体運動の分析・説明ができるようになることをめざします。

スポーツトレーニング論

発育発達段階にあったトレーニング方法を正しく学ぶとともに、筋肉の性質、五感を使った脳トレーニング、負荷の選択などを理解できるように授業を進めます。また、トレーニングを身近な生活に取り入れることの効果も学びます。

コーチング学

コーチングとは、対象者がもつ能力を引き出すことで目標の実現を支援する手法のことです。講義では、コーチの哲学やその適性について理解を深め、これを基に合理的なコーチングの手法について学びます。

キャリア情報

取得できる資格

・高等学校教諭1種免許状(保健体育)

・中学校教諭1種免許状(保健体育)

・レクリエーションインストラクター

・スポーツリーダー

取得を支援する資格

・健康運動実践指導者

・健康運動指導士

・健康管理士一般指導員

・ジュニアスポーツ指導員

・スポーツプログラマー

・アシスタントマネージャー など

期待される進路

・中学校/高等学校の保健体育科教員

・健康/医療品関連企業をはじめとする一般企業

・資格/技能を生かしたスポーツ関連企業

・公務員 など

学生の声

安西 琴乃さん
スポーツ健康学科4年

スポーツ指導を実践しながら
企画力や提案力を身につける。

健康運動教室/なごや健康カレッジ

高齢者の方を対象にしたトレーニングメニューの準備、指導を行っています。講義で学んだスポーツ指導の知識を生かせるだけでなく、よりわかりやすく説明するために試行錯誤したり、地域から大学生である私たちに何を求められているのかを感じとって、新しいトレーニングメニューを提案する経験は、考え方や行動の柔軟性を養う貴重な機会になりました。将来は健康運動実践指導者の資格を取得して、健康なまちづくりに貢献したいです。