グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外国語学部 >  英米語学科

英米語学科


DEPARTMENT OF ENGLISH

高度な英語コミュニケーション力を身につけ、グローバルな舞台で輝くあなたへ

今日、世界がますます接近し、ビジネスのみならず日常生活でも、国際共通語としての「英語」を駆使する機会は着実に増しています。英米語学科では、国際ビジネスや国際交流の舞台で、自分の考えや意見を的確に表現することのできる高度な「英語コミュニケーション能力」の獲得をめざします。そのために、少人数制による徹底した英語スキルの向上はもちろん、国際的な視野と異文化理解をベースとした国際人としての幅広い教養を獲得。
さらに、実際の国際交流の場で活躍できる力を磨き上げる実践の場を提供しています。ここでは実際に、学部生の半数以上が、国際センターのきめ細かなバックアップのもと卒業までに海外留学を経験。学内のi -ラウンジでは、海外からの留学生たちとの交流が盛んに行われています。卒業後、身につけた語学力を生かしてグローバル化する社会で個性を発揮し、多様な人々とつながりながら活躍できる人材に育てていきます。

英米語学科とは

英語力と異文化理解能力が養われ世界中の人々とコミュニケーションができる

英語は世界で最も多くの人々に、共通語・公用語として使われている言語です。インターネットなどのメディアを通して発信される情報も、その多くが英語です。本学科では、語学をマスターするだけでなく、英語で自分の意見を発信し、知的に自己表現できる高度なコミュニケーション能力を養成します。少人数制クラスのもと、英語のスキルアップはもちろん、言語の背景にある社会・歴史・文化・宗教などを理解できるようになり、グローバル社会でのビジネス知識も学ぶことができます。

英米語学科の教育研究上の目的

英米語学科は、英米語の実践的なコミュニケーション能力を習得し、その言語が使用されている地域の文化、社会や世界情勢などを学ぶことにより、広い教養を身につけた国際化に対応できる人材の育成を教育目標とします。

英米語学科の特徴

英語プログラム

高度な英語運用能力を身につけたいという学生のために「英語で学ぶ科目群」(「英語力強化科目」からさらにステップアップした「英語で」学ぶ科目。授業はすべて英語で行われます)を充実させました。英語はあくまでも道具であり、英語を学習すること自体が目標ではありません。英語を通じて新しいことを学んでいきます。積極的にチャレンジすれば飛躍的に英語力を高めることが可能です。同時に、これまでじっくり勉強に取り組んでこなかった学生に対し、基礎から学び直せる「英語基礎科目」を用意しました。必修の「英語」は習熟度別にクラス編成し、基礎を確認しながら無理なく英語力をつけます。

キャリア形成

社会の仕組みや仕事に関係する常識・知識などを提供するキャリア形成科目を多く用意しています。これらは英語力を武器にして自分のキャリアを切り開いていくための職業に直結する科目です。同時に、国際社会についての基礎知識を学び、グローバルな現代社会において必要不可欠である様々な地域についての知見を広めるための科目も用意しています。

留学

英米語学科生にとって留学はとても身近な目標です。学生の2人に1人は在学中に海外留学を経験します。異文化の中で自立することを通して人間的に大きく成長し自信をつけて帰国します。こうした変化は周囲の学生にもよい影響を与え、学科内の学びへのモチベーションを向上させます。多くの学生が学びの目標を留学に設定し、楽しみながら英語の勉強に取り組んでいます。

日本語教員養成プログラム

日本語を学ぶ外国人に日本語や日本文化、日本の習慣や考え方などを教える日本語教員を目指す学生たちのために「日本語教員養成プログラム」を設置しています。このプログラムを通して日本語教育のための基礎的・総合的な能力を身につけることが可能です。卒業所要単位に付け加えてこのプログラムで定める単位を修得すれば、修了証が交付されます。

エアライン講座

本講座は航空業界の視点で求められる適性を把握し、各自の今後の大学生活を方向づける一助となるものです。キャビンアテンダントの就職にはTOEIC700点以上が必要と言われており、エアライン系に就職を希望する学生は1年次から英語力をつける必要があります。1・2年次で本学カリキュラムの下記の科目を履修し、3年次には、おもに学外の専門学校で就職対策科目を履修します。
エアライン講座科目
1年次
  • エアライン研究1
  • エアラインサービス論 
  • ホスピタリティ論1
2年次
  • エアライン研究2
  • ホスピタリティ論2
3年次
  • ホスピタリティ論3

エアライン研究1.2、エアラインサービス論
航空業界の業務について知識を深め、自分の適性にあった仕事を選ぶ際に役立てます。

ホスピタリティ論1~3
実務経験のある講師から実践的なノウハウを学ぶことができます。

エアライン英語
航空・旅行業界で求められる高水準の英語が学べます。

iWingプログラム

「iWingプログラム」は、憧れの航空業界を本気で目指す人のためのプログラムです。新たにANA総合研究所と連携することで、これまでのエアライン講座を大幅にグレードアップ。実務経験豊富な講師による講義で、航空業に必要な知識や英語力を身につけるのはもちろん、接客業で重要なホスピタリティについても深く学ぶことができます。さらには、ANA派遣講師によるマンツーマンの就職カウンセリングを行い、あなたの航空業界内定を強力にサポートします。また、夏には中部国際空港にあるANA関連企業を見学することで、航空業を直接体験することができます。

CALL(コンピュータ・アシステッド・ランゲージ・ラーニング)

洋画を字幕なしで鑑賞するなど「マルチメディア教室」を使った授業が充実。パソコンを活用し、ネイティブ・スピーカー教員との対面授業も行っています。

取得できる資格・免許

教職課程で取得可能な教員免許状

  • 中学校教諭1種(英語)
  • 高等学校教諭1種(英語)
その他、資格センターでは、資格講座を開講しています。

主な就職先

  • 英語教員(中学校・高校・民間英会話学校など)
  • 旅行・観光業、報道・出版などに関する企業
  • 国際的企業・外資系企業
  • 通訳・翻訳者など英語のエキスパート
  • 外国人(特に英語圏)に日本語を教える教員 など

シラバス参照システム
(別ウインドウが開きます)