グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  リハビリテーション学部 >  理学療法学科

理学療法学科


DEPARTMENT OF PHYSICAL THERAPY

生きる意欲と生活を取り戻すチーム医療の一員として

たとえ手術や投薬によって病気を治しても、そのために運動の機能や意欲を失えば、その人の生活の質QOL(クオリティー・オブ・ライフ)は低下したままで、治療の意義は薄れてしまいます。現代の医療現場ではこうしたQOLに着目し、また予防医学の観点からも、さまざまな医療専門職が連携してその向上をめざす「チーム医療」が一般化しています。

そのなかで運動機能の回復を担うのが「理学療法士」であり、とくに運動機能が低下する高齢者の増加に伴い、大きな期待が寄せられています。理学療法学科では、こうした医療現場のニーズに対応し、他の専門職との協働に必要な幅広い医学知識とリーダーシップ、一人ひとり異なる症状に対応できる多様な理学療法の専門知識と技術、さらに、患者様の心に寄り添い、回復への意欲を引き出す対話力など、現代の医療人にふさわしい知識と実践力、豊かな心をもつ理学療法士を育成。すでに多くの卒業生が、医療機関や福祉施設、地域社会など、患者様とその家族に笑顔を取り戻すべく多彩な現場で活躍しています。

理学療法学科とは

充実した講義・実習から得られる知識と豊かな人間性を育むカリキュラムを編成

理学療法学科は、リハビリテーション医学に関連する実践的な医学・医療の領域、疾病や障害の悪化に対する予防や介護予防、高齢者保健福祉や障害者福祉などの多様な分野において、リハビリテーションを担う理学療法士を育成します。

理学療法学科の教育研究上の目的

理学療法学科は、高い倫理観を根底に持ち、人の尊厳を考えて、医療・保健・福祉の分野で活躍できる専門的職業人として理学療法士の養成を目標とします。

理学療法学科の特徴

技術的にも、心理面でもしっかりサポートできる心豊かな理学療法士をめざす

  • 理学療法士の資格取得を第一義とすることは当然ですが、それにとどまらず、理学療法士に要請されている現代的ニーズに主体的に取り組める人材を育成するため、問題発見・問題解決型思考、相手を思いやる想像力、現場での創意工夫を実現できる力を養います。そのために、8人程度の適切な少人数学習システムを導入しています。

  • 理学療法学の専門教育においては臨床実習の重要性は高く、理学療法学科では「臨床見学実習」「臨床実習Ⅰ~Ⅲ」と実践的演習科目による指導に加えて「理学療法症例検討演習(オスキー)」を重点科目として配置することで、臨床実習で培った知識技術の評価として臨床体験の判定を図っています。

取得できる資格・免許

取得をめざす資格

  • 理学療法士(受験資格)

主な就職先

病院/リハビリテーションセンター/保健センター/介護保険施設/介護福祉施設/ケアサービス分野/各種教育研究施設/医療機器メーカー/一般企業(健康産業)/大学院進学

シラバス参照システム
(別ウインドウが開きます)