法学部

法学科

幅広い法律の知識と法的思考力を
変化の時代を生き抜く力へ。

法学科の学びの特色

1年次に法学を学ぶ土台をつくる

1年次で計5科目の導入科目を修得。法情報の読み書きや活用能力を身につけるための法学基礎教育を土台に、法学を学ぶ意義とその方法を自覚的に追求します。法学の全体像を把握することで、2年次以降スムーズに勉強を進める土台作りを行います。

キャンパスを飛び出すアクティブな学び

必修科目「法学・憲法入門」

有名な事件や紛争をテーマにした講義や裁判所などの見学を実施。

リーガル・フィールドワーク

弁護士事務所などで実習をおこない「法の現場」への理解を深める。

将来像に直結する法の学びと実践

3つの履修モデル

公務員をめざす「公共公益モデル」

国や地方自治体の各部門で公正・公平に活動できる人材を育成。国家公務員Ⅱ種や地方公務員上級試験を視野に入れた教育を展開。

民間企業をめざす「企業法務モデル」

法知識と法的思考力を企業活動に生かすため、民事法科目・商事法科目を中心に経済活動に関わりの深い専門科目を学ぶとともに、経済学・経営学も広く学ぶ。

法律学を生かす「資格・進学モデル」

法学部で学んだ専門知識を生かして活躍する人材を養成。資格試験や就職に必要な法律科目を学ぶ。

科目ピックアップ

法学・憲法入門

専任教員による「現代社会で起きた具体的紛争・事件」を取りあげる講義です。解決のために法の果たす役割や機能を、初めて法を学ぶ学生にも分かりやすく説明するとともに、法の意義・概念を理解できるようにします。

刑法入門

刑法、刑事訴訟法、刑事政策などの「刑事法」の全体像を把握し早期にイメージをつかむことを目的として学修します。2年次以降に開始される刑事法関連の専門科目の学修とのスムーズな連携を図ります。

リーガル・フィールドワーク

弁護士事務所、司法書士事務所、企業の法務関係部門、公共機関などで実務研修を行います。現代社会のいかなる場面でいかなる法がかかわり、役立っているかを体験的に理解することができます。

キャリア情報

取得できる資格

・高等学校教諭1種免許状(公民)

・中学校教諭1種免許状(社会)

取得を支援する資格

・宅地建物取引士

・行政書士

・社会保険労務士

・司法書士 など

※司法試験合格をめざす学生には、ロースクールへの進学を念頭に置いた指導を行います。

卒業生の声

杉山 菜那さん
法学科2016年度卒業

資格の取得は、法律の学びを
自ら深められる絶好の機会。

宅地建物取引士 合格

法学科には公務員試験対策の一環として、宅建、行政書士の資格取得を支援する学内講座があります。先生から、不動産の知識は卒業後さまざまな業界で役立つと聞き、宅建の講座を受講し始めました。1年次は残念ながら不合格でしたが、翌年は復習を重視し、過去問を解く回数も増やして合格。「努力は裏切らない」と言って応援してくださった先生に感謝です!