商学部

商学科

あなたの仕事が社会を動かす。
未来をリードするひとになる。

商学科の学びの特色

ビジネスの素養を広く深く学ぶ。スポーツ関連のコースも設定

モノでもサービスでも、何を作り出し、誰にどのように届けるか、それをビジネスとして継続させるにはどういう仕組み・やり方が必要か、ということを考えるのが商学。商学科のカリキュラムはこれを4つの視点にまとめた科目群が特徴です。

商学の4つの視点

商学・流通

どんな商品をどのように作り、消費者に届けるか

経営・組織

会社・人材をどう動かすか

金融・財務

企業の生命線である資金をどう調達するか

簿記・会計

会社の好不調をどう判断するか

2つのコース

ビジネスマネジメントコース

マーケティングや流通、経営戦略・管理、金融・財務・会計など、ビジネスの実務をバランスよく学ぶ。

スポーツマネジメントコース(定員約30名)

ビジネス系とスポーツ系の両分野を学ぶ。スポーツショップやスポーツジム、保健体育科教員・スポーツ指導者を志望する学生に最適。

実際に経験するからこそ身につくビジネスの基礎知識

製菓工場視察
現場体験

大規模小売業・商店街・メーカーの工場・証券取引所などの現場見学、日本企業の海外現地法人の訪問などビジネスの現場を体験し、ビジネスリーダーとしての基礎力を体得。

コンペ

事前調査をし、よく案を練り、プレゼンの仕方も十分に検討するなど、大舞台での発表に向けビジネスパーソンに必要なことを体験。

より高度な職業人を育成する

専門能力開発プログラム

税理士・公認会計士などの国家資格取得、事業後継者に必要な経営知識と実務能力、起業家・研究者志望など、高い目標に向かう学生をサポート。

科目ピックアップ

経営戦略論

成功する企業と失敗する企業の違いは何か。市場に対してどのような戦略で臨むべきか。さまざまな成功例・失敗例から体系化された教訓は、将来皆さんがビジネスに携わるとき、かけがえのない財産となるはずです。

商品政策論

どのようなモノ・サービスを、どのように売るか。商品のラインナップや価格の設定、販売管理、需要予測、流通ルート…。成功した企業はこれらの課題をどのように体系的に解決しているか、具体例に即して学びます。

スポーツ経営管理学

組織が良い結果を出すために、どのような方策を取るべきか。これは一般の企業でもスポーツでも同じです。競技成績を上げるにはどうするか、また商業スポーツ・地域スポーツの経営なども、経営の視点から広く学びます。

キャリア情報

取得できる資格

・高等学校教諭1種免許状(商業)

・高等学校教諭1種免許状(情報)

・高等学校教諭1種免許状(保健体育)※

・中学校教諭1種免許状(保健体育)※

※ スポーツマネジメントコースのみ

取得を支援する資格

・経営学検定

・AFP資格

・販売士検定

・証券外務員

・日商簿記検定

・ITパスポート試験

・基本情報技術者

・旅行業務取扱管理者

・通関士

・宅地建物取引士

期待される進路

・小売業/流通業/製造業

・一般企業の商品開発/マーケティング/営業/販売/広告/経営の各部門

・銀行/信用金庫など金融機関や、一般企業の財務部門

・会計事務所(税理士)

・企業/商店の後継者、起業家

・スポーツジム/スポーツショップ/スポーツメーカー

・健康スポーツ指導者

・保健体育科教員

・警察官、消防士 など

学生の声

田中 秀典さん
商学部4年

現地調査と分析を繰り返し、
新たな「熱田らしさ」を発見。

熱田ブランド戦略プロジェクト

大学のある熱田区の優位な点はどこだろう?——そんな疑問を出発点にアンケートをつくり、住民や学生を対象に意識調査を行いました。また、全国のまちづくり先進地域との比較から客観的に熱田区のまちづくりを検証するなど、調査と分析を繰り返しながら熱田のブランド化について考察していきました。その集大成として熱田区役所で、調査報告とブランド化の提案を実施。200名以上の住民の方々の前でのプレゼンテーションは貴重な体験となりました。今後はこの取り組みを後輩に伝え、より大きなアクションにつなげていきたいと思っています。