最近よく見かける「ソーシャル」とは?

紹介動画はこちら

現代社会学科とは?

めまぐるしいスピードで変化する現代社会。
そこには日々新たな課題や問題が提起されています。
現代社会学科では、いま社会で起きているさまざまな出来事を洞察し、
幅広い分野の教養をバランスよくコンパクトに学ぶことができます。
現代社会にさまざまな角度からアプローチするための
「7つのアイテム」や、大学の外で地域・企業・行政とつながる
「アクティブな学び」が現代社会学部の大きな特徴。
現代社会を知ることで、活躍できるフィールドも無限に広がります。

現代社会学科の学びさまざまな角度から探究し、見えてくる“現代社会”

貢献できる人材になるために

現代社会を学ぶ7つのアイテム

コミュニケーション&心理

社会は、人・社会の心理やコミュニケーションにより動かされる。その本質と意味をつかむ。

ヒューマンケア&共生

「人が人間らしく生きる。」「他者と共に生きる。」その配慮や支援ができる社会づくりへ。

ライフプラン&家族

社会・企業・地域で他者と協働し、家族とともに自分の生活を自分らしく構築できる力とは?

観光プロデュース&まちづくり

観光は、訪れる地に光を当て観ること。それをめぐって観光地と観光客がまちづくりをプロデュース。

コミュニティデザイン

人間の生活や地域にとって大切なコミュニティ。そのカタチや未来について考え、デザインする。

現代企業&イノベーション

現代の企業は、たえず経済や社会を革新する。その源泉・メカニズム・展開・未来を探る。

都市創造マネジメント

都市[限られた地域に人口が集中した場・空間]は常に創造的で魅力的。その秘密と経営手法とは?

現代社会学科の学びの特色

課題発見・問題解決能力を養う「プロジェクト演習」。
課題発見・問題解決能力を養う「プロジェクト演習」。

教員が提示するテーマに対し、学生は少人数のチームを編成し、教室を飛び出して現場を調査。市町村や地元企業・団体
と連携して、問題解決に取り組みます。

学生が主体的に参加する教育イベント。
学生が主体的に参加する教育イベント。

学びの成果を発表するフォーラムなどを開催し、そのなかで課題発見・問題解決型能力の向上につながるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を育成します。

中長期の就業体験・インターンシップを実施。
中長期の就業体験・インターンシップを実施。

中長期(インターバル型・滞在型)の就業体験を通して、社会や企業等の実情を知り、仕事に対する興味・関心、学修意欲を高め、社会で生き抜く積極的な行動力を身につけます。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

4年後のビジョンを明確に

取得できる資格

  • 中学校教諭1種免許状(社会):専門教科の指導以外に、クラス担任や進路指導などの仕事も。
  • 高等学校教諭1種免許状(公民):専門家としての、より高い知識が必要とされる。
  • 社会調査士:社会調査の基礎能力を有する専門家

目指せる職種・進路

  • 一般企業,公務員,医療法人・社会福祉法人・NPO/公益法人などの職員

現代社会学部は、経済学部総合政策学科の実績を継承し発展させた学部です。

紹介動画はこちら