グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  現代社会学部 >  学生の活躍

学生の活躍


『あったか!あつた魅力発見市2022』に現代社会学部学生が参加

11月20日(日)熱田区内各所で「あったか!あつた魅力発見市」が開催され、本学からは宮の浜市(宮の渡し公園)会場にて授業「プロジェクト演習B(担当:現代社会学部水野晶夫教授)」履修学生によるステージ企画運営しました。
詳しくはコチラ

プロギング大会を実施しました

11/6(日)、熱田区子ども会育成連絡協議会との共催で「プロギング(ゴミ拾いをしながら行うランニング)」イベントを開催しました。このイベントは昨年度の「まちづくり提言コンペ」の受賞作を実現化したものです。
受賞作を提言し、このイベントの学生メンバーの中心を担った現代社会学部の柴田真空さんは「プロギングを通じて環境美化の大切さに気付いてほしい」と訴えていました。
詳しくはコチラ

9/1(木)ボラみみ9・10月号(No.247)に学生インタビューが掲載

9月1日(木)発行のフリーペーパ ボラみみ9・10月号(No.247)の特集「Z世代×防災 座談会」に、大学生消防団に所属する学生(現代社会学部3年)の記事が掲載されました。詳しくはコチラ

CBCテレビ「チャント!」 現代社会学部山下匡将准教授とゼミ生が出演

8月11日(木・祝)放送のCBCテレビ「チャント!」内の「学生が高齢者にスマホ指南『できた!』『うれしい!』」に現代社会学部 山下匡将准教授と、山下ゼミ(2年生)の学生が出演しました。詳しくはコチラ

「上級まちづくり演習」の学生がダブルケア啓発動画を制作しました。

2022年春学期「上級まちづくり演習」の学生がダブルケア啓発動画を制作しました。
動画は、ダブルケアパートナー公式YouTubeで公開されています。詳しくはコチラ

榎澤ゼミの学生がDiversityEXPO2022で登壇

榎澤3年ゼミの学生たちが、DiversityEXPO2022で「学生の視点からとらえたD&I推進企業で働くメリット」というタイトルで登壇しました。
詳しくはコチラ

「アップサイクル連携プロジェクト」のご紹介

「アップサイクル連携プロジェクト」では、名古屋市消防局の防火服、制服、ホースの素材を利用したアップサイクル商品の検討を行いました。提案のあった20アイデアのうち、3つの商品を9月1日(木)「防災の日」に開催される「あつた朔日市」にてテスト販売します。詳しくはコチラ

みつばちプロジェクト(現代社会学部 水野晶夫教授)が支援する名身連のはちみつ『あつたハニー』が紹介されました

4月18日(月)の中日新聞朝刊「食リポ 熱田神宮参道『あつたハニー』 甘み広がる 御利益も!?」で、みつばちプロジェクト(現代社会学部 水野晶夫教授)が支援する障害者就労支援センター 名身連(名古屋市身体障害者福祉連合会第1ワークス)のはちみつ『あつたハニー』が紹介されました。詳しくはコチラ

「Brother presents Music Earth スペシャル~ミツバチと街づくり~」に現代社会学部 水野晶夫教授とみつばちプロジェクトの学生が出演

3月20日(日)19時~20時放送のFM AICHI「Brother presents Music Earth スペシャル~ミツバチと街づくり~」に現代社会学部 水野晶夫教授と「みつばちプロジェクト」に参加している学生が出演し、みつばちプロジェクトに参加するきっかけや、活動を通して感じたことなどを話されています。詳しくはコチラ

全国学生交流会(主催:岐阜大学、金沢工業大学)に「みつばちプロジェクト」の学生が参加

3月1日(火)、岐阜大学と金沢工業大学の主催の「全国学生交流会」に、名古屋学院大学みつばちプロジェクトの学生2名(現代社会学部)が参加しました。発表タイトルを「都市養蜂で障がい者の工賃アップを目指せ!」と題し、2019年より「みつばちプロジェクト」の活動を通じて行っている、障がい者就労支援施設との連携とその成果について発表しました。詳しくはコチラ

『SDGs IDEAコンテスト』において、江口忍ゼミが特別賞を受賞

2月26日(土)に名古屋市立大学で開催された『SDGs IDEAコンテスト』において、江口忍ゼミでは名古屋に住む外国人住民の数に着目し、日本を学びたい外国人と外国を学びたい日本人への橋渡しとなる”Trink”を提案。見事特別賞を受賞しました。詳細はコチラ

2021年度現代社会学部で教育イベントを開催しました

現代社会学部では、2022年2月6日(日)に、本学部における学びの発信と精緻化、さらには、ゼミナールや学年の枠を超えた学生たちのつながりの構築を目的とした「優秀卒業研究報告会」と「現代社会フォーラム」の2つの教育イベントを、Microsoft Teamsビデオ会議システムをもちいて開催しました。詳しくはコチラ

「あつた朔日市」にみつばちプロジェクト(現代社会学部 水野晶夫教授)、現代社会学部「プロジェクト演習B」(担当:水野晶夫教授)が参加しました

11月1日(月)秋葉山圓通寺で開催された「あつた朔日市」でみつばちプロジェクトはマイルポストとともに『あつたハニー』の販売、プロジェクト演習Bは『あつた青空市』の活動を行いました。詳しくはコチラ