対象者別メニュー

経済学部 変わり続ける時代を読み、時代を生き抜く力を養う

新着情報

新着の記事はありません

概要

経済学部とは

経済学は理論ばかりで実社会では役に立たないのでは?」そう思っている人は、入学すると考えが変わるでしょう。経済学は、実は、とても実践的な学問なのです。たとえば、 「消費税が上がることで私たちの生活はどう変わる?」、「少子高齢化が進んだ場合の年金制度のゆくえは?」など、身近で心配な問題を考えるときに不可欠なのが“経済学的なものの見方”です。多様な選択肢の中からどれを選べば良いのかを客観的に評価できる経済学的視点を身につけると、複雑に絡み合った世の中の動きを理解でき、これからの時代を読む力と生き抜く力が身につきます。
経済学部は、2015年度以降、経済学科単一の学科として新たな一歩を踏み出します。
総合政策学科は、2000年に経済学部の中に政策学科として誕生し名称変更を経て、2015年度からはその学びを発展させる形で現代社会学部となりました。

経済学科と総合政策学科

経済学科と総合政策学科で取り扱う分野は、本来、異なった学問分野ではありません。私たち人間の経済活動の原理を、深く洞察し体系化したのが基本となる「経済理論」。それに基づき、現実の問題を実際に解決する方策、ソリューションを提示するのが「政策」。本学の経済学部では、これまで理論ばかりで判りにくいといわれていた経済学をツールとして自分で活用する術を教えます。

  • 4年間の演習(ゼミナール)では、講義で得た知識を基に実際に調査し、議論することで「本物の実力」に仕上げます。
  • 学部共通プログラムの企業連携プログラム、地域創成プログラム、公務員特別プログラムでは、参加型・体験型の授業形態を積極的に取り入れて、実践的な力を身につけます。

学部紹介

学科一覧

  • NGUのネット出願!
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ