対象者別メニュー

英語学専攻(通信) 大学院 外国語学研究科

時間や場所を選ばない通信教育で、英語学のエキスパートを育成します

通信制大学院(英語学専攻)とは

通信制大学院は本学外国語学部および大学院外国語学研究科英語学専攻の実績を基礎に、地理的・時間的制約をこえて、学習意欲が旺盛な方に広く学んでいただける場となっています。英語学専攻の通信教育課程は日本で本学のみ設置しており、開設以来多くの方に学んでいただいています。もちろん、通信教育で学んでいただくためのサポート体制も充実しています。
アドミッションポリシーは次の通りです。

英語学専攻

英語教育に携わっている方々、仕事で英語を使用されている方々、遠隔地のために通学制大学院にアクセスできない方々で、関連領域に関する広範な学識や専門的な研究に強い関心のある学生を求めています。

英語学専攻の理念と目的

博士前期課程

国際語である英語について高度の運用能力の育成と共に、その関連領域に関する専門的な知識を総合的に備えた人材の育成を目指し、特に社会人を対象に、通信による指導を基本として高度な専門教育を供することを目的とします。

博士後期課程

専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とします。

通信教育の学習支援

  • 通信教育だけではわかりづらいこと、疑問に思うことなどを解消するため、また修士論文や博士論文の作成に関しての指導を受けるため、春季、夏季・冬季休暇を利用してスクーリング(面接指導)が行なわれます。

  • S.C(Student Coordinator)を配置し、様々な支援を行ないます。

  • 本学図書館においては、OPAC(Online Public Access Catalog)を整備し、インターネットで所蔵資料を検索できるようにしています。また、蔵書検索以外にもインターネットを用いてさまざまな資料を検索することができます。

  • 各種奨学金をはじめとする各種制度を整備しています(詳しくは「修学支援制度」をご参照ください)。

S.C(Student Coordinator)とは

通信教育は、各自のペースで学習を進められますが、自主的に学習に取り組む強い意志が必要です。皆さんの学習意欲に寄り添い、力になるのがS.Cです。学習方法、事務手続きなど何でも相談できる頼もしい存在です。

  • 大学院入試 検定料決済はこちら
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。
  • 指定校推薦入試 コンビニでの検定料支払はこちら

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 開学50周年について
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ