グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学院 >  よくあるご質問

よくあるご質問



通学制に関するご質問

《 入学関連 》

■ 入試要項はいつごろ配布されますか?

毎年7月ごろに翌年度の入学試験要項が完成します。ウェブサイト上から資料請求を行えます。[資料請求

■ 他大学、他学部出身でも受験できますか?

出身にはこだわりません。社会人・留学生の方もぜひ受験してください。

■ 短期大学卒業、高等専門学校卒業でも入試を受けられますか?大学を中退している場合はどうなりますか?

「個別の入学資格審査により、大学卒業と同等以上の学力がある」と本研究科において認めた方は出願資格が認められます。個別の入学資格審査をいたしますので、事前に必ず大学院事務室まで問い合わせてください。

■ 「社会人等を対象」とのことですが、社会人の定義はなんですか?

出願資格では「4年制大学卒業後、原則として同一の企業、官公庁、教育・研究機関等において、2年以上の勤務経験(入学時)を有する者」のことを指します。

■ 出願資格に、『大学卒業後、2年以上の実務経験者』とありますが、職種は問われますか?

職種は特に問いません。

■ 面接では、どのようなことが聞かれますか?

応募いただきました書類・研究計画書を基に大学院で学ぶ力を審査いたします。面接は個別面接で、特に修士論文を書き上げる能力があるかどうかなど、3名の面接官が評価します。

■ 科目等履修生で学びたいのですが、可能ですか?

原則として、大学を卒業された方、または同等以上の学力があると認められる方に受講いただけます。お申込は、受講を希望する科目が開講する1カ月前までに行なってください。なお、正規の院生が履修していない科目は不開講となりますのでご了承ください。

■ 大学卒業後年月が経っていますが、大丈夫でしょうか?

様々な年代の方々が意欲をもって入学されています。臆すことなく、是非挑んでください。

■ 秋学期入学は可能ですか?

秋学期入学試験はおこなっておりませんので、ご了承ください。

■ 入学者の年齢構成を教えてください。

20~70歳代まで幅広い年齢の方々が学ばれています。30・40歳代の方が一番多いです。

《 学習関連 》

■ 入学前の既修得単位は認定されますか?

他大学院在学時や科目等履修生などで修得した既修得単位は、本学における委員会で認められれば10単位を限度として認定します。但し、その大学院を修了するために要した単位は除きます。

■ 大学院に最大何年在籍できますか?

修士課程・博士前期課程は標準2年の在籍期間で、最長在学年数は4年です。博士後期課程は標準3年の在籍期間で、最長在学年数は6年です。

■ 標準修業年限より早期に修了することは可能ですか?

修了には(1)修業年限(2)修得単位数(3)修士・博士論文または特定の課題の成果の審査および最終試験の合格という3つの条件が必要です。特に優れた研究業績をあげたと認められる場合は、修士課程・博士前期課程では1年以上博士後期課程では2年以上在学すれば足りることになっています。

■ 成績評価はどのように行われますか?

授業ごとに多少異なりますが、概ね出席状況、課題への対応、小テスト、授業への取り組みなどを含めて総合的に評価されます。具体的には各授業の担当者がシラバスで成績評価基準を明示しています。

■ 自習室の利用時間はどうなっていますか?

丸の内サテライトには学生研究室/図書室があり、共同の机、イスのほか、パソコンの設置や図書・雑誌を配架しています。また、名古屋キャンパス「ひびの」に大学院生用共同研究室があります。時間は平日22時30分まで利用できます。

■ 授業を休みたい場合、休んだ場合はどうなりますか?

担当の先生に報告または相談をしてください。

■ 同じ研究科の中で、他専攻の科目は履修できますか?

他専攻科目からも10単位を限度として履修することができます。

■ 一週間に何時間くらい授業を受けなければならないでしょうか?

(修士課程・博士前期課程)標準的な履修としては、1年次は週2~3日平日夜間の講義を受け、土曜日の終日講義に出席します。2年次は論文作成や課題研究に力を注ぎ、週1日の登校になります。

《 卒業関連 》

■ 修士課程・博士前期課程では、ほとんどの院生は2年で卒業しますか?

仕事をされながら学習している方が多数を占めますが、現在は約8割の方が2年で修了されています。ただし、よりよい修士論文を提出したいために在学延長されている院生もいます。(2年以上在籍し、演習科目履修のみの場合、その期間の授業料は半額となります。)

■ 仕事が忙しくなったため(出産のため)休学したいのですが。

4年の在学年限を超えないように、休学をすることができます。事前に申請・許可が必要となりますので、大学院事務室までご相談ください。

■ 教員免許状の1種と専修の違いについて教えてください。

学士の学位(大学卒業)を基礎資格として取得できる教員免許状が1種免許状です。これに対して、修士の学位(大学院修了)を基礎資格としたものが専修免許状です。すでに中学校・高等学校1種免許状をお持ちの方で、本大学院を修了すれば専修免許状が取得できます。尚、取得申請は本籍地または大学所在地(愛知県)の都道府県教育委員会に個人で行なっていただきます。

■ 修了後の進路について教えてください。

修士課程・博士前期課程の院生のほとんどが職業についていることから、本学ではとりたてて就職案内等は行なっておりませんが、本人の希望がある場合のみ本学キャリアセンターを通じ、就職サポートを行ないます。修了後の進路の全てを把握はしておりませんが、大半のかたは知識を深めて現場で更に活躍されているようです。また、本大学院や他大学院の博士課程に進学されるケースも1割程あります。

《 その他 》

■ JR等の学割は利用できますか?

ご利用できます。

■ その他割引はありますか?

各種学生割引のある物品等の購入の際に利用できます。

■ 奨学金制度はありますか?

日本学生支援機構の貸与奨学金、各種団体の奨学金のがあります。また、本大学院には、給付奨学金もあります。

奨学金について

■ 授業料の分納はできますか?

経済的に学費の一括納付が困難である事情が緊急に発生した場合に限り、当該学費を3等分して納付する学費分納制度を利用することができます。分納をするには、所定の期限までに学生課へ学費分納願を提出してください。審査の上、許可された場合「学費分納許可書」を自宅へ交付します。(許可にいたらない場合は「学費分納不許可通知書」が郵送されます。)

■ 学生になったことで所得控除は受けられますか?

勤労学生で、年間所得が一定の基準に満たない場合、所得控除が受けられ、税金が減額される場合があります。詳しくは勤務先、居住地の税務署にお問い合わせください。

■ 税理士試験で免除される科目はありますか?

税法の演習で論文を完成させ、国税庁への申請が許可されれば、税法関連科目2科目が免除となります。また会計関連の演習で論文を完成させ、同じく国税庁への申請が許可されれば、会計関連科目1科目が免除となります。経済学専攻で税法関係の研究をして修士(経済学)の学位を取得し、経営政策専攻で会計学関係の研究をして修士(経営学)の学位を取得することにより、両分野での科目免除を申請することも可能です。

■ 教育訓練給付制度は利用できますか?

経営政策専攻博士前期課程の「高等専門教育コース」と「ソリューションコース」、英語学専攻(通信)博士前期課程修了者に限り、修了後ご自身で管轄のハローワークへ申請していただき認められた場合は、給付が受けられます。

通信制に関するご質問

《 入学関連 》

■ 入試要項はいつごろ配布されますか?

毎年7月ごろに翌年度の入学試験要項が完成します。ウェブサイト上から資料請求を行えます。[資料請求

■ 他大学、他学部出身でも受験できますか?

出身にはこだわりません。社会人・留学生の方もぜひ受験してください。

■ 短期大学卒業、高等専門学校卒業でも入試を受けられますか?大学を中退している場合はどうなりますか?

「個別の入学資格審査により、大学卒業と同等以上の学力がある」と本研究科において認めた方は出願資格が認められます。個別の入学資格審査をいたしますので、事前に必ず大学院事務室まで問い合わせてください。

■ 面接では、どのようなことが聞かれますか?

応募いただきました書類・研究計画書を基に大学院で学ぶ力を審査いたします。面接は個別面接で、特に修士論文を書き上げる能力があるかどうかなど、3名の面接官が評価します。

■ 大学卒業後年月が経っていますが、大丈夫でしょうか?

様々な年代の方々が意欲をもって入学されています。臆すことなく、是非挑んでください。

■ 秋学期入学は可能ですか?

現在のところ、4月の入学のみとなっています。

■ 入学者の年齢構成を教えてください。

20~70歳代まで幅広い年齢の方々が学ばれています。30・40歳代の方が一番多いです。

《 学習関連 》

■ 入学前の既修得単位は認定されますか?

他大学院在学時や科目等履修生などで修得した既修得単位は、本学における委員会で認められれば10単位を限度として認定します。但し、その大学院を修了するために要した単位は除きます。

■ 大学院に最大何年在籍できますか?

修士課程・博士前期課程は標準2年の在籍期間で、最長在学年数は4年です。博士後期課程は標準3年の在籍期間で、最長在学年数は6年です。

■ 標準修業年限より早期に修了することは可能ですか?

修了には(1)修業年限(2)修得単位数(3)修士・博士論文または特定の課題の成果の審査および最終試験の合格という3つの条件が必要です。特に優れた研究業績をあげたと認められる場合は、修士課程・博士前期課程では1年以上博士後期課程では2年以上在学すれば足りることになっています。

■ 成績評価はどのように行われますか?

授業ごとに多少異なりますが、課題への対応、小テスト、授業への取り組みなどを含めて総合的に評価されます。具体的には各授業の担当者がシラバスで成績評価基準を明示しています。

■ 自習室の利用時間はどうなっていますか?

丸の内サテライトには学生研究室/図書室があり、共同の机、イスのほか、パソコンの設置や図書・雑誌を配架しています。また、名古屋キャンパス「ひびの」に大学院生用共同研究室があります。時間は平日22時30分まで利用できます。

■ 通信教育で修了するのは大変ですか?

研究活動をサポートするために、本大学院ではS.C.(Student Coordinator)を配置しています。学習の進め方の相談にのったり、教授との橋渡し役としても頼もしい存在です。

■ 大学へはどの程度通学する必要がありますか?

最低限出席しなくてはならない行事は

博士前期課程
  • 開講式、学習研究ガイダンス2日(1年次4月)
  • 夏季スクーリング4日間(1年次8月中旬)
  • 冬季スクーリング2日間(1年次12月上旬)
  • 論文演習科目(スクーリング)
    6コマ分・ゼミによりますが通常は2~3日(2年次)
  • 中間発表会(2年次8月中旬)
  • 修士論文最終試験1日(2年次2月)

博士後期課程
  • 開講式、学習研究ガイダンス2日(1年次4月)
  • 1・2年次スクーリング(各4、8、12、2月)
  • 3年次スクーリング(各4、8月)
  • 中間発表会(2年次8月中旬)
  • 博士論文最終試験1日(博士論文提出後)

以上となっています。

■ 大学の施設は通学生同様に利用できますか?

通学課程の院生と同様に、各施設を利用できます。図書館の図書はSCを通じて借りることができます。また他大学図書館の紹介状も発行しています。

■ 学習方法の細かい説明を受けることはできますか?

入学式当日に学習研究ガイダンスを行ないますので、不明な点はその場で質問をしてください。また、わからない部分がありましたら後日SCまでお問い合わせください。

■ 学習のやりとりは直接先生方と行なうのでしょうか?

全てSCを通して行なっておりますので、複数のレポートを同時に提出することができます。

■ スクーリングは必ず出席しないといけませんか?

原則出席していただくことになります。

《 論文関連 》

■ 論文は英語で書くのでしょうか?

日本語・英語どちらでも構いません

■ 論文の指導教員はどのように決まりますか?

入学試験の結果を基に、4月におこなわれるガイダンスまでに通知します。

■ 論文や授業で書いたレポートなどを、学内の紀要や院生紀要、もしくは学会誌なとに投稿することは出来ますか?

本学では、学生の組織する自治組織(院生協議会)が発行する『外国語学論集』があり、その論集に投稿することができます。博士後期課程では、博士学位が授与される条件として、関連学会での発表または学内外の研究誌への論文投稿が求められます。

■ 論文指導はどのように受けるのでしょうか?

(博士前期課程)スクーリングでは1・2年次合わせて、12コマ(1コマ90分)受講する必要があります。
1年次のスクーリングにおいては夏季・冬季で6コマ開講します。残りの6コマは2年次以降に開講され、担当教員の指示によります。1年次では演習担当教員と相談のうえ、修士論文テーマを検討・決定し、研究計画書を提出していただきます。2年次に作成許可がおりたあと、スクーリングやe-mailや郵便等さまざまな手段を使って、演習教員からの指導を受けることになります。

《 卒業関連 》

■ 修士課程・博士前期課程では、ほとんどの院生は2年で卒業しますか?

仕事をされながら学習している方が多数を占めますが、現在は約7割の方が2年で修了されています。ただし、よりよい修士論文を提出したいために在学延長されている院生もいます。(2年以上在籍し、演習科目履修のみの場合、その期間の授業料は半額となります。)

■ 仕事が忙しくなったため(出産のため)休学したいのですが。

4年の在学年限を超えないように、休学をすることができます。事前に申請・許可が必要となりますので、大学院事務室までご相談ください。

■ 教員免許状の1種と専修の違いについて教えてください。

学士の学位(大学卒業)を基礎資格として取得できる教員免許状が1種免許状です。これに対して、修士の学位(大学院修了)を基礎資格としたものが専修免許状です。すでに中学校・高等学校1種免許状をお持ちの方で、本大学院を修了すれば専修免許状が取得できます。尚、取得申請は本籍地または大学所在地(愛知県)の都道府県教育委員会に個人で行なっていただきます。

■ 修了後の進路について教えてください。

修士課程・博士前期課程の院生のほとんどが職業についていることから、本学ではとりたてて就職案内等は行なっておりません。修了後の進路の全てを把握はしておりませんが、大半のかたは知識を深めて現場で更に活躍されているようです。また、本大学院や他大学院の博士課程に進学されるケースも1割程あります。

■ 修了と同時に教員免許状は取得できますか?

1種の教員免許状(英語)を取得済みの方は修了後「専修免許状」が取得できます。本大学院では残念ながら教員免許の取得はできませんので、教員を志望されている方は大学学部での免許状をまず取得してください。

《 その他 》

■ JR等の学割は利用できますか?

ご利用できます。

■ その他割引はありますか?

各種学生割引のある物品等の購入の際に利用できます。

■ 奨学金制度はありますか?

日本学生支援機構の貸与奨学金、各種団体の奨学金のがあります。また、本大学院には、給付奨学金もあります。

奨学金について

■ 授業料の分納はできますか?

経済的に学費の一括納付が困難である事情が緊急に発生した場合に限り、当該学費を3等分して納付する学費分納制度を利用することができます。分納をするには、所定の期限までに学生課へ学費分納願を提出してください。審査の上、許可された場合「学費分納許可書」を自宅へ交付します。(許可にいたらない場合は「学費分納不許可通知書」が郵送されます。)

■ 学生になったことで所得控除は受けられますか?

勤労学生で、年間所得が一定の基準に満たない場合、所得控除が受けられ、税金が減額される場合があります。詳しくは勤務先、居住地の税務署にお問い合わせください。

■ 入学金・授業料以外に必要な経費はありますか?

入学と同時に学生の組織する自治組織である「院生協議会」に加入いただくこととなり、年間5,000円の会費を徴収しています。ほかに、本大学院への交通費、書籍の購入費用(約3~4万円)が必要となります。通信制のスクーリングは授業料に含まれます。

■ 遠隔地の院生はいますか?

北は北海道から南は沖縄まで、全国で学ばれています。在学中に転勤となり、海外で学びながら卒業された方もいっらしゃいます。