対象者別メニュー

大学院生の声 大学院 外国語学研究科 英語学専攻(通信)

通信制大学院英語学専攻 博士後期課程 2011年3月修了

神村 伸子さん

---Q.本学で学ばれた感想を教えてください。

神村さん : 地方に住んでいる私にとって、通学生になることは不可能ですから、通信制大学院と言う制度に心から感謝しています。名古屋学院大学の通信制大学院修士課程及び博士課程のおかげで、学問的のみならず人間的に成長することができ、私のささやかな人生を大いに充実させることができました。ご親切にご指導下さった先生方、サポートして下さったスタッフの方々に厚くお礼申し上げます。

---Q.スクーリングの内容・風景はどのようなものでしたか?また、普段会う機会のない先生の指導をスクーリングで受けた際、どのような印象を持ちましたか?

神村さん : 日ごろのメールでのやりとりは大変便利でありがたいのですが、やはり書面では伝わることは限られていますし、時には‘隔靴痒掻の感'が無きにしも非ずです。独りよがりになりがちの通信生にとって、対面のディスカッションは、非常に貴重で実りの大きい勉強のチャンスでした。特に研究上の問題や迷いがあるときは、先生にお会いするだけで精神的にもほっとしたものです。先生の深い学識のみならず温かいお人柄に触れることができて、たいへん楽しい幸せな機会だったと思います。

---Q.通信教育で博士論文を書き上げるために欠かせないことを教えてください。

神村さん : 一年目はPh.D.キャンディデイトになるための準備期間ですから、たくさんの多方面の学術書を読んで資格試験に備えなければなりません。その一方で論文リサーチもしなければならないので非常に忙しいです。ですから、入学前から精力的に関連文献を読んで、なるべく早くベースになる理論あるいはモデルになる論文を見つけ、トピックやメソッドについて明確なビジョンをもっておくとずいぶん精神的にも楽だと思います。そして、実際に論文を書いているうちに行き詰まりを感じたら、何もしないことです。他のことをしている間や眠っている間も、頭の一部では論文のことを無意識に考えているようで、こう論理を展開しようとか、こう分析法を変えようとか、ふと良い考えが浮かんだり、混沌としていた考えがまとまったりする経験をたびたびしました。仕事をせずぶらぶらしているミケランジェロを見た弟子が、「先生、仕事をしてください」と言うと、「わたしは何もしていない時に一番大事な仕事をしているのだ」と言ったという話を思い出します。
また、通信生は、逐一先生と相談しながら論文を書き進めるということはできません。1章ずつとりあえず自分で思うように書いて見て、それを先生にメールや郵便で送って、それについて批評のお返事をもらいます。途中で分析方法や分析結果の評価の仕方を変更するとなると、後戻りして初めから論理の組み立てを直さないといけない場合もありますから、そのやりとりでかなり時間がかかることを覚悟しておく必要があると思います。また、3年次の6月までに学会発表をしなければ論文提出の資格が得られないので、その時点までにある程度リサーチの結論がでていることが必要になります。つまり、3年で修了するには時間的なスケジュールを念頭においておくことが肝要と思います。

---Q.最後に、大学院進学を考えている方に、メッセージをお願いします。

神村さん : 博士課程に取り組むことを迷っている方に一言:私も始める前にずいぶん迷いました。挑戦するとしたら、キャリアアップが目的ではなく、趣味の範疇でしようと思っていましたから、敢えて‘火中の栗を拾う’ような苦労をしなくても、余暇を単に楽しく過ごしたらいいじゃないかと思ったりしました。しかし、一方で、そんな一時の享楽を追い求めても虚しいだろうと思う強い気持ちがありました。以前から、たった一度の人生を何とか充実させたいと願い、自己を満足させることを渇望していましたので、大学院進学はその発露であったと思います。研究の苦労や苦痛を心配していましたが、よくよく考えているうちに知恵は絞れば出てくるもので、思いのほか研究が面白く感じられました。世の中色々楽しいことがありますが、今では研究ほど面白いものはないと思えます。目標があると生活を充実さすことができますし、目標を達成できた今大変幸せです。迷うなら是非トライしてみるべきです。‘やってみようと思うこと’イコール‘やりおおせる能力が潜在的にあるということ’だと心から思います。

神村 伸子さん
通信制大学院英語学専攻 博士後期課程修了

  • 大学院入試 検定料決済はこちら
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ