対象者別メニュー

ソリューションコース 大学院 経済経営研究科 経営政策専攻

経済界で生きる社会人のための短期集中プログラムでプロフェッショナルを養成します

社会人を対象とした本コースは、院生が日頃職場で抱える問題について、企業や業界の限られた世界から飛び出して教員の指導を受けながら新しい解決策を見出そうとする意欲ある人を受け入れています。
多忙な社会人にも学んでいただけるように、1年でも修了可能なプログラムとなっています。「マーケティング」「財務体質改善」「生産性向上」「経営複合」「アグリビジネス」の5つの研究課題から、院生の職種に合わせて対象分野を選択します。講義は平日夜間・土曜日に開講し、各自が研究テーマとしている職場での課題について、多くの教員や他の院生とのグループワークやディスカッションを重ねます。

  • 学んだ知識と経験を活かし、実務で役立たせたい方

    企業や公的組織で、経営、管理または政策課題に携わる高度専門職の方のための即戦力養成コースです。マーケティング、ファイナンス、経営戦略、情報処理などの理論を基に、実務に詳しい教員が、それざれの領域で抱える問題点の発見から解決への試みを、実践的に指導します。

経営者、経営管理層や高度専門職業人の即戦力養成

本コースのプロセスによって、特定の課題に関して短期間で質の高い研究をおこない、その成果をまとめます。大学院で学んだことをすぐに職場にフィードバックして、その結果得られる新たな体験を次の講義で活かすという好環境を作り上げることができます。また、いち職場内という限られた環境での議論とは異なり、様々なバックグラウンドをもった人達と議論を進めることにより、自分のいる職場を客観的にとらえて状況を説明できる力も養え、皆が納得できる解決策を見つけ出すプロセスがわかるようになります。職場の実務だけでは身につかない能力が確実に身につくプログラムとなっています。

演習内容

マーケティング課題研究 製品開発から市場への導入、効果的な販売促進、効率的なチャネル構築やコンフリクトの軽減など、企業のマーケティングには重要な課題があります。また、流通業界には大規模企業と中小企業との深刻な競合状況、小零細企業の廃業とそれに伴う中心市街地や商店街の空洞化問題などもあります。それら様々な問題の解決策を探求します。
財務体質改善課題研究 企業の資金繰りを円滑に進めるためには、財務体質の改善が不可避です。会計の視点から問題解決を目指します。
生産性向上課題研究 労働生産性やプロセスの改善、在庫改善あるいは仕事改善など、あらゆる生産現場で生産性の向上が求められています。経営戦略やシステム化計画などを考慮しながら、利潤が追求できる解決策を探求します。
経営複合課題研究 新規事業・新製品開発、組織開発、人的資源開発などの種々の経営革新を成功させるためには、いかなる経営手法を、どのようにおこなうべきか考察します。
  • 大学院入試 検定料決済はこちら
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ