グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  スポーツ健康学部

スポーツ健康学部


FACULTY OF HEALTH AND SPORTS


スポーツ健康学部とは

スポーツ健康学部では、スポーツおよび健康についてさまざまな視点から科学的に学修します。
競技選手にとどまらず、幼児から高齢者のスポーツ・健康について分析し、指導できる能力を育成します。

学部の特色

スポーツ健康学部の2つの学科

スポーツ健康学部では、科学的視点に立って、幅広く人間の健康とスポーツについて分析し、座学だけにとどまらず、実技・実習を通じて実践的な学びを求めます。
さらにスポーツを通して、社会を健康に幸福にしたいという思いを育て、地域スポーツの実践やスポーツ教育の振興をリードする人材を育成します。これらのねらいを達成するために、スポーツ健康学部では2つの学科を用意しています。

学科紹介

スポーツ健康学科

スポーツ健康学科

健康科学やスポーツ科学に関する広範な知見を学ぶことにより、健康生活の構築にとって運動やスポーツが必要であることへの理解を深めます。教育に関しては中学校・高等学校の保健体育免許を取得することができます。また地域や職場のスポーツや健康事業に関しては、いくつかの資格やその取得のための受験資格が取得できます。
スポーツ健康学科のご紹介

こどもスポーツ教育学科

こどもスポーツ教育学科

生活習慣や食生活、運動環境など、こどもを取り巻く様々な視点から、スポーツ教育への理解を深めます。同一学部のスポーツ健康学科で評価の高い科目群のほか、こどもの教育やスポーツに関する科目を幅広く学ぶことができ、「小学校教諭1種」「幼稚園教諭1種」の2つの教員免許が取得可能となっています。
こどもスポーツ教育学科のご紹介