対象者別メニュー

スポーツ健康学科 スポーツ健康学部 スポーツ健康学科

多様な職域において健康維持・増進、疾病予防、生涯スポーツ、スポーツ教育、健康教育などを推進することができるスペシャリストを養成します。

スポーツ健康学科とは

健康科学やスポーツ科学に関する広範な知見を学ぶことにより、健康生活の構築にとって運動やスポーツが必要であることへの理解を深めます。教育に関しては中学校・高等学校の保健体育免許を取得することができます。また地域や職場のスポーツや健康事業に関しては、いくつかの資格やその取得のための受験資格が取得できます。

スポーツ健康学科の理念と目的

中学や高校の保健体育教師、スポーツクラブ等の指導者、その他の職域あるいは地域において積極的にスポーツ活動の振興や健康行動獲得の推進に貢献する人材の育成を意図しています。

スポーツ健康学科の特徴

  • スポーツ科学・健康科学を理解する多彩な学びがあります。

    専門教育は「学科基礎科目」の上に「スポーツ科学科目」、「健康科学科目」、「スポーツ実技科目」、「演習科目」の学科専門科目の4本柱があり、それぞれの領域について段階を踏んで学びます。

  • 中学校・高等学校の保健体育教諭を養成します。

    中学校又は高等学校教諭養成に係る教科・教職科目を修得し、その他教育実習等の必要要件を満たすことにより、教員免許が取得できます。

  • スポーツや健康関連の資格又はその資格取得のための受験資格が得られます。
  • 近隣自治体と連携して行う「体験学習」で指導力を養います。

コース紹介

  • 高等学校教諭1種免許状(保健体育)
  • 中学校教諭1種免許状(保健体育)
  • レクリエーション・インストラクター

○受験資格が得られる資格

  • 健康運動実践指導者

受講科目

学部共通科目 ●健康科学概論 ●スポーツ科学概論 ●スポーツ社会学 ●スポーツ心理学 ●スポーツ生理学 ●栄養学概論 ●医学一般(概論) ●看護学概論 ●スポーツ実技 など
学科基礎科目 ●生理・解剖学 ●バイオメカニクス ●発育発達とスポーツ ●生涯スポーツ論 ●地域スポーツ論 ●体育・スポーツ経営論 ●学校保健Ⅰ ●スポーツ指導論
学科専門科目 スポーツ科学科目 ●スポーツトレーニング論 ●スポーツコンディショニング論 ●スポーツ戦略戦術情報論 ●コーチング学 ●体力トレーニング論 ●スポーツ史 ●スポーツ栄養学 ●体育・スポーツ政策論 ●測定評価 など
健康科学科目 ●健康運動教育論 ●予防医学 ●医学一般(各論) ●健康管理論 ●救急処置の理論と実習 ●スポーツ薬理学 ●生涯発達心理学 ●健康フィールドワーク など
スポーツ実技科目 ●体つくり運動 ●ハンドボール ●テニス ●ラグビー ●アダプテッドスポーツ ●レクリエーション・ニュースポーツ など
演習科目 ●専門演習 ●卒業研究 など
NGU教養スタンダード ●キリスト教 ●自己理解と自己開発 ●社会的教養(人間理解、社会理解、自然理解、歴史文化理解、環境理解、身体理解、地域理解) ●言語とコミュニケーション ●情報理解 ●教職教養
ページの先頭へ