対象者別メニュー

国際文化協力学科 外国語学部 国際文化協力学科

「語学力+異文化理解・異文化マネジメント」で世界に貢献できる人材を育成します

国際文化協力学科とは

世界が直面している環境破壊や異文化・異民族問題に対応できる実践的な能力を育てる

急速なグローバリゼーションの進展は、人々に豊かさをもたらすと共に環境破壊や異文化・異民族間の紛争など多くの問題を生んでいます。こうした問題の解決には、言語能力と共に異文化・異民族の意味を探り国際的な視野に立って問題を解決する能力が必要です。
国際文化協力学科では、英語を全員が学び、その上に「国際協力実習」など、現場重視のカリキュラムを積み上げることで、世界が直面している異文化・異民族間に起きている問題を現実的に解決できる能力を育成します。

国際文化協力学科の理念と目的

国際文化協力学科は、外国語の習得を基盤とし、異文化・多文化社会の現状ならびに国際協力の重要性、文化の相違が引き起こす諸問題などの「学び」を通して、それぞれの地域と社会の発展に貢献できる国際人の育成を教育目標とします。

国際文化協力学科の特徴

アジア・オセアニアを重視し国内の異文化問題にも対応する実践的カリキュラム

  • 経済のブロック化や労働人口の移動などを考えた場合、これからの日本にとってアジア・オセアニア地域はますます重要になってきます。国際文化協力学科では明確にこれらの地域にターゲットを絞っています。

  • 国際文化協力について学ぶため、「国際関係論」、「国際協力論」、「NPO・NGO論」などの科目、国際文化理解を深める科目として「国際文化論」、「文化マネジメント論」、「多文化社会論」などの科目を配置しています。

  • 現代的課題に取り組むため、「国際環境論」、「平和学」といった科目もあります。加えて、「国際協力実習」により、スタディ・ツアーにも参加できます。

受講科目

学部共通科目 ●コンピュータ・コミュニケーション ●地域研究概論 ●日本語概論 ●英米文学入門 ●中国文学入門 ●国際社会と日本 ●日米比較言語文化 ●ヨーロッパの芸術 ●地球環境論 など
学科専門科目 英米語群 ●英語演習Production Skills ●英語演習Communication Skills ●英語演習Comprehension Skills など
SKILL & CONTENT科目 ●TOEFL英語 ●国際文化理解英語 ●TOEIC英語 ●国際協力英語
国際文化理解科目群 ●国際文化論 ●多文化社会論 ●異文化間コミュニケーション ●日本文化論 ●比較文化・社会論 ●観光文化論 など
国際文化協力科目群 ●国際協力論 ●国際文化交流論 ●国際移民論 ●民族文化論 ●国際環境論 ●メディア文化論 ●現代アジア文化・社会論 など
専門関連科目群 ●国際人権論 ●NPO・NGO論 ●国際企業論 ●国際機構論 ●アジア地域研究 ●オセアニア地域研究 ●国際協力実習 など
NGU教養スタンダード キリスト教 ●キリスト教概説 ●キリスト教学
自己理解と自己開発 ●基礎セミナー ●発展セミナー ●キャリアデザイン ●能力開発 ●ボランティア学 ●インターンシップ
一般教養 <言語とコミュニケーション>
●日本語表現 ●ドイツ語 ●フランス語 ●スペイン語 ●中国語 ●韓国語 ●手話 
など
<情報理解>
●情報処理基礎 ●情報概論
<教養科目>
●哲学 ●心理学概論 ●社会学入門 ●現代社会と法律 ●国際関係論入門 ●数理科学 ●地球科学概論 ●日本文化史 ●陶芸論 ●環境科学 ●地域生態論 ●健康の科学 ●スポーツ
など
  • NGUのネット出願!
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ