対象者別メニュー

中国コミュニケーション学科 外国語学部 中国コミュニケーション学科

現在の中国社会を理解し、アジア全体を視野に活躍できる人材を養成します

中国コミュニケーション学科とは

中国語能力だけではない高度なコミュニケーション能力を身につけます

アジアの多くの地域で使われる中国語は、アジアを舞台に活躍するためになくてはならない語学の1つです。しかし、単に中国語という語学ができるようになるだけでは国際人として十分とは言えません。中国語の高度な運用能力を養成すると同時に、中国社会に対する理解が必要です。
本学科では、中国語が使えるというだけでなく、現代中国の社会や経済を広く理解し、高度で幅のあるコミュニケーション能力を身につけ、さらに英語力をきたえることもできるカリキュラムを組んでいます。これらの能力で中国を中心としたアジア全体を視野に入れて活躍できる人材を養成します。

中国コミュニケーション学科の理念と目的

中国コミュニケーション学科は、中国語の運用能力を習得し、文化、経済、ビジネス、国際関係、歴史などの多面的な領域から「現在の中国」を学ぶことによって、中国、アジアを視野に入れ、国際社会で活躍できる人材の育成を教育目標とします。

中国コミュニケーション学科の特徴

「中国語コース」と「中国アジアビジネスコース」で、実用中国語や中国ビジネスの知識を習得

  • ほとんどの学生が初めて中国語を学ぶことを前提に、全員が使える中国語の語学力を身につけられるよう、基礎からしっかりと指導していきます。

  • 中国語や中国関連知識の基礎を固めた後、2つのコースから科目を選択します。主に中国語の実践能力をさらに高める「中国語コース」と、主に中国ビジネスの知識を習得する「中国アジアビジネスコース」のどちらかに重点を置いた科目選択が可能です。

  • 特別留学プログラム

    中国天津にある名門・南開大学での授業料が免除される半年間の特別留学プログラム。
    期間は1年次の夏休みから約6ヶ月間。言語の習得だけにとどまらず、日進月歩で変化する中国のパワーを肌で感じながら、文化や社会について総合的に学びます。
    本プログラムの特徴として、中国サブカルチャーについてのフィールドワークを行います。ポップカルチャーに関わる日系企業の見学やインタビューなどを実施します。
    なお、この他にも多種多様な留学制度があり、また、台湾への留学も可能です。

コース紹介

中国コミュニケーション学科では、自分の希望や進路に応じた系統的な学修ができるように、履修モデルとして以下の2つのコースを設けています。

受講科目

学部共通科目 ●コンピュータ・コミュニケーション ●地域研究概論 ●日本語概論 ●英米文学入門 ●国際社会と日本 ●日米比較言語文化 ●ヨーロッパの芸術 ●地球環境論 など
学科専門科目 基礎科目 ●中国語基礎 ●中国語会話トレーニング ●現代中国事情 ●中国の経済と政治 ●中国の文化と社会 ●日中関係 
展開科目 ●中国語会話トレーニング ●中国語リーディング ●ビジネス中国語 ●トラベル・フライト中国語 ●中国ニュースリスニング ●検定中国語 ●中国史 ●中国文学 ●中国語の構造と表現 ●日中比較社会 ●中国の商習慣 ●日中航空・旅行業事情 ●現代アジア文化・社会論 ●海外事情 ●中国インターンシップ など
NGU教養スタンダード キリスト教 ●キリスト教概説 ●キリスト教学
自己理解と自己開発 ●基礎セミナー ●発展セミナー ●キャリアデザイン ●能力開発 ●ボランティア学 ●インターンシップ
一般教養 <言語とコミュニケーション>
●日本語表現 ●基礎英語 ●英会話 ●ドイツ語 ●フランス語 ●スペイン語 ●韓国語 ●手話 
など
<情報理解>
●情報処理基礎 ●情報概論
<教養科目>
●哲学 ●心理学概論 ●社会学入門 ●現代社会と法律 ●国際関係論入門 ●数理科学 ●地球科学概論 ●日本文化史 ●陶芸論 ●環境科学 ●地域生態論 ●健康の科学 ●スポーツ
など
ページの先頭へ