グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  付属施設 >  キリスト教センター

キリスト教センター


名古屋キャンパスしろとりチャペル

イエス・キリストの言葉
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」新約聖書 マタイによる福音書 11章28節※日本聖書協会『新共同訳聖書』より

【チャペル開館時間】

月~金曜日 9時00分~17時00分
※時期によって開館時間が変更される場合があります。

瀬戸キャンパスチャペル

チャペル(礼拝堂)は、キリスト教主義大学である本学のシンボルともいえる大切な施設です。毎週、チャペルアワー(礼拝)が行われており、日々の慌ただしさから離れ、奨励者のお話を聴きつつ、神に心を向ける時間を過ごしています。また、聖歌隊やトーンチャイムクワイア等のクラブ活動も盛んに行われており、会堂内にはいつも学生たちの楽しそうな声が響いています。会堂の見学はどなたでも自由にしていただけます。キャンパス見学やお散歩のついでにぜひお立ち寄りください。その際、何か質問などがあれば、館内の「キリスト教センター」に伝道師も常駐しておりますので、気軽にお声かけください。

ひとりの宣教師から受け継がれるキリスト教主義の精神

名古屋学院大学の前身となる「名古屋英和学校」が名古屋市に誕生したのは、1887(明治20)年。創立者は、フレデリック・C・クライン博士という、米国メソジスト・プロテスタント教会の宣教師でした。彼は、教育理念を『敬神愛人』と掲げ、「豊かな国際教育とキリスト教主義にもとづく人間教育を通じ、世界で活躍できる若者を育てる」ことにその身を捧げました。その後、名古屋英和学校は、旧制名古屋中学校、新制名古屋学院高等学校(現、名古屋高等学校)へと発展し、そして1964年、その教育理念を受け継いだ「名古屋学院大学」が誕生しました。本学ではかつて、明治時代を代表するキリスト教思想家、キリスト教無教会主義の創始者として知られる内村鑑三氏も教鞭をとっています。130年以上も前にひとりの宣教師がもたらしたキリスト教主義精神は、今もなお、教育理念や校風として着実に根付いています。