グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  付属施設 >  キリスト教センター >  課外活動

課外活動


本学のチャペルでは、「聖歌隊」「トーンチャイムクワイア」等のキリスト教音楽グループや、「ぶっちゃけ!聖書☆研究会」という聖書を楽しく学ぶ会、「名古屋いりゃあせツアー(共催:名古屋YWCA、協力:名古屋YMCA)といったボランティアサークルが活動しています。

聖歌隊

「聖歌隊」は、主に「賛美歌」(※1)を歌う混声合唱グループです。毎月第1・3週目のチャペルアワー(火曜日)で賛美奉仕をしたり、入学式や卒業式、大学クリスマス礼拝など、大勢の方々が集われる行事でも歌うことがあります。また、近隣の教会やキリスト教関連施設からお招きを受け、出張賛美することもあります。行事によっては、会衆を巻き込んで楽しく「ゴスペル」(※2)を歌うことも。

※1「賛美歌」とは、神をほめたたえつつ、心の中の思いや祈りを音楽にのせて神に届ける歌のこと。チャペルウェディングで歌われることの多い「いつくしみ深い」や、「くすしきみめぐみ(Amazing Grace)」、クリスマス・キャロルなどが有名。本学では『讃美歌21』という賛美歌集を使用している。
※2「ゴスペル」とは一般的には、現代的な雰囲気のキリスト教音楽のことを指す。黒人奴隷たちの束縛と解放というコンテクストから誕生した音楽ジャンルのため、情緒的な旋律と、直接魂に訴えかけてくるような歌詞が特徴的。

トーンチャイムクワイア

「トーンチャイム」(※)という名前を聞いたことがない方も多いでしょう。トーンチャイムとは、ハンドベルと同様、いくつもの音に分かれているチャイムを、(基本的に)複数人で数本ずつ担当し、一つの音楽を形作る楽器です。チームワークが要となりますが、一人ですべての音を担当するわけではないため、タイミング良く鳴らすことさえできれば、音楽経験が無かったり、楽譜が読めない人でも充分に音楽を楽しむことができるのが、この楽器の最大の魅力です。優しい穏やかな音色を発する楽器で、ハンドベルよりも安く手に入り、扱いも難しくないため、保育園や幼稚園、高齢者施設などでも広く使われています。本学の「トーンチャイムクワイア」は、チャペルアワーや大学祭、クリスマス諸行事など様々な場面で活躍していますが、それだけでなく、学外の教会や子どもたちの施設で演奏する機会も持たせていただいています。

※「トーンチャイム」とは、正確には「鈴木楽器」の商品名を指す。本学のトーンチャイムクワイアでは、アメリカ・マルマーク社の「クワイアチャイム」を使用している。

ぶっちゃけ!聖書☆研究会

ユダヤ教の聖典ないしそれを元にして書かれた「旧約聖書」(別名:ヘブライ語聖書)、ナザレのイエス(キリスト)到来後、その信奉者たちにより、イエスの教えに基づいて書かれた「新約聖書」。これらをキリスト教では一冊の『聖書』と呼んでいます。「永遠のベストセラー」とも称されるほど、数多くの人々が『聖書』を手に取り、そこに記された“御言葉”によって、励まされ、時に戒められつつ、自らの行くべき道を見定めてきました。また、『聖書』は、キリスト教の信者でない人々にも、人生の糧・歴史的な文学作品として愛読されてきました。本学の「ぶっちゃけ!聖書☆研究会」では、そのような『聖書』というキリスト教の聖典を、(まさに集会名の通り)面白おかしく、ぶっちゃけトーク連発で、お菓子を食べながら、しかし時に真面目に(!)、読み進めていきます。聖書の解説は、キリスト教センターで職員として働く“伝道師”が担当。それぞれのテクストが書かれた歴史的背景や、聖書の“原語”であるヘブライ語・ギリシャ語の説明なども交えながら、現代の読者が読むうえで大切なことは何か…を、学生たちと一緒に考えます。

名古屋いりゃあせツアー

「名古屋いりゃあせツアー」は、「公益財団法人 名古屋YWCA」と共催で行っている、“東日本大震災”復興支援ボランティア活動です。震災と原発事故により、多くの方々の生活が一瞬にして変えられることとなりました。特に、放射能汚染の影響は、見えない恐怖として今もなお人々の日常生活を脅かし続けています。そのような中で、特に幼い子どもたちや保護者の方々に、少しでも安心と休息の場を提供したいという願いから始められることとなったのが、本プログラムです。数組の親子を、夏の5日間、愛知県へとお迎えし、瀬戸の豊かな自然と、名古屋での観光や娯楽の時間を堪能していただきます。このプログラムは、被災者の方々への「外的支援」ではありません。それでも、子どもたちや親御さんたちの心に寄り添う学生ボランティアたちの働きはきっと、これからも被災地での生活を続けられる参加者の皆さんへの「内的復興支援」に繋がるだろうと考えています。被災地の回復と、そこに住む人々の平安を心から願いつつ、今後も、本学の“建学の精神”「敬神愛人」の実践として、本プログラムを続けていければと願っています。