グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  社会連携センター >  主な事業内容

主な事業内容



1. 地域連携・社会貢献に関すること

生涯学習講座

生涯学習講座

本学が取り組んでいる教育・研究成果を公開するとともに、地域の皆さまへ生涯教育の場を提供し、広く社会に貢献することを目的に行っています。本学教員が、各研究分野での研究成果をわかりやすく講義することで人気を得ています。また、行政と連携した健康運動教室も実施しております。

社会人セミナー

社会人セミナー

社会人の皆さまの学び直しの支援として、本学の教育研究の成果をより実践的な内容で還元するセミナーを実施し、知の拠点としての存在感を高め、活力ある社会づくりへの貢献を目指しています。

まちづくり新修プログラム

まちづくり新修プログラム

本学の「履修証明制度」として、本学の強みの一つである「まちづくり」に関連する授業を体系的に編成し、その知識を地域の皆さまへと提供するプログラムです。

公開講演会

公開講演会

本学の教育研究の特色を活かし、社会的に関心の高いテーマを取り上げ、各界のオピニオンリーダーを招いた公開講演会を開催しております。

自治体連携

自治体連携

地域のシンクタンクとして、行政や地域の抱える諸課題を解決するため、豊富な研究成果を地域社会に還元します。調査・研究の受託や、各種シンポジウムのコーディネーター、講演会講師などの派遣も行っています。

商店街連携

商店街連携

名古屋市内の商店街と連携し、商店街の活性化に取り組みます。とくに日比野商店街においては、大学として組合に加盟しており、本学学生・教職員とともに様々な事業を展開しています。

2. コンソーシアムに関すること

大学コンソーシアムせと

「大学コンソーシアムせと」は瀬戸市と近隣の5大学(愛知工業大学、金城学院大学、名古屋産業大学、南山大学、名古屋学院大学)が協働して、新しい文化活動を創成していくために誕生し、市民が自ら学ぶ生涯学習への支援、市民と学生の交流、小中高教育との連携・支援、まちづくりのお手伝いなど、加盟大学がそれぞれの特色を活かした活動を展開しています。

大学コンソーシアムせと

学生タウンなごや

“学生タウンなごや”とは、「若い世代が、学び、遊び、働けるまち」が実現し、全国の学生から大学生活を送るまちとして選ばれるような、名古屋市が目指すまちの姿です。本学も名古屋市と連携し、“若者の活力による魅力あふれるまちづくり”を目指しています。

学生タウンなごや


3. 高大連携に関すること

出張講義/体験授業の実施

出張講義/体験授業の実施

本学には様々な分野の教員が在籍しており、その教員の専門分野をベースとし、高等学校の総合的学習に適した分野に教員を派遣し、講義を行っています。また、高校生の皆さんを大学に招き、模擬講義など様々なプログラムを実施しています。

4. 産学連携に関すること

産業界と大学の連携による社会貢献事業

産業界と大学の連携による社会貢献事業

地域社会の活性化のため、産業界と連携した事業を行っています。本センターは産業界と大学をつなぐ窓口を担っており、これまで金融・技術・観光等さまざまな業界との連携が実現しました。今後も本学の教育・研究・社会貢献事業について、豊かな成果の創出を目指します。

5. ボランティア活動に関すること

学生の地域活動の支援

正課の授業のみならず、学生の地域活動の機会を広げるための支援を行っています。また、学生のボランティア活動の情報を集約し、それぞれの活動が抱える課題について整理をすることにより、より充実した支援体制の構築を目指しています。

学外ネットワークへの加盟

多くの大学が被災地域でのボランティアに取り組む中で、本学でのボランティア活動をより効果的に推進するため、他大学との情報交換や連携した取組を支援するネットワークへと加盟しています。
(例)大学間連携災害ボランティアネットワーク