グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  国際交流 >  「留学」my story >  「留学」my story #08

「留学」my story #08


学科 国際協力学科
名前 寺島 沙織 さん
留学先 オーストラリア / クイーンズランド大学
種別 語学研修(短期/私費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2020年2月~2020年3月(1ヶ月)
留学時期 1年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

入学してからすぐから名古屋学院大学に来ている留学生と交流する機会がたくさんあり、交流する中で自分自身も実際に海外に行って語学や文化を学びたいと思うようになりました。

留学先を選択した理由を教えてください。

オーストラリアではホームステイを体験できるとあり、選ぶポイントとなりました。ホームステイにこだわった理由としては、実際に現地の家庭で生活することで英語に触れる時間が多く取れると思ったからです。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

オーストラリアは独特のスラングがあるため慣れるのに時間がかかりました。また街の至る所にゴミ箱が設置されていたので、街全体がとても綺麗でした。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

クラスメイトと授業後にバーベキューをしたことです。様々な国から留学生が集まっていたので、宗教の関係で豚肉が食べられないから牛肉と鶏肉だけで行うなど、留学したからこそできた日本ではなかなかできない体験だったと思います。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<平日>
6:00 起床
8:00 学校へ
12:00 友人と学食でランチ
14:00 大学のイベントに参加
18:00 夕食
21:00 就寝

<休日>
8:00 起床
10:00‐15:00 街でランチ・散策
18:00 夕食
20:00 予習復習
21:00 就寝

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

同じホームステイ先に東ティモールから留学生が来ていたので、一緒に勉強したり休日は観光地に出かけたりしました。今はInstagramで連絡を取っています。

留学経験を生かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

留学で得られた語学力を名古屋学院大学の英会話サロンで活かすことができました。ネイティブの先生とスムーズに会話できるようになりました。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

Actively participate

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

Do not suppress your desire to challenge, but actually take action.