グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  国際交流 >  「留学」my story >  「留学」my story #04

「留学」my story #04


学科 法学科
名前 横井 滉士さん
留学先 中東欧スタディツアー(チェコ・ポーランド)
種別 スタディツアー(短期/私費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2020年2月13日~2020年2月29日(17日間)
留学時期 1年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

大学1年次の6月です。目的としては、世界の民族・宗教の分野が好きなので、実際に海外に行き、現地の人や街並みの雰囲気から肌で感じて経験して学んでみたいと思ったからです。

留学先を選択した理由を教えてください。

ホームステイして現地の大学に通うのではなく、ホテルに宿泊し、教会や歴史的な建造物、博物館を巡ることができ、自由度がとても高そうだったので選択しました。また、初めての海外旅行だったので変わったところへ行きたいと思い中東欧スタディツアーを選びました。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

戸惑ったことは人種についてです。留学当時は新型コロナウイルスが中国の武漢で発見された時期で、各国のアジア地域に向ける目は冷ややかになりつつあるときでした。街を歩いているときに「Hey!Corona!」と冷やかされたり、店に入ると一部の客に騒がれたりしました。我々は日本人と中国人を大体は判別できますが、イギリス人とアメリカ人の違いが判らないように、向こうの人から見たらアジア人の見分けがつかないということを学びました。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

アウシュビッツ強制収容所です。当時、収容されていたユダヤ人の靴や髪の毛、目を覆いたくなるような資料の数々が大量に展示されていて、この悲惨な歴史を絶対に風化させないという強い意志を感じました。また、いろいろな国から観光客が来ていて、言葉や人種は違えど、皆一様に目の前の悲惨な出来事の記録に心を痛め、平和を祈る姿がとても印象的でした。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<ある一日>
7:30 起床
9:00~20:00 移動や観光
23:00 就寝 

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

異なる学部・思想・夢・性格の人が集まりますが、どこか自分と似ていると感じることができ、互いに良くも悪くも刺激しあえる友人ができました。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

異文化に触れたことにより知識欲が刺激され、本をたくさん読むようになりました。また、自分の英語力の無さを痛感したので、上達するために英会話などを活用してみたいです。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

Na zdrowie!(健康であれ!)

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

Take it easy!