グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  重要なお知らせ >  陸上競技部 大島健吾選手(法学部 4年) 東京2020パラリンピック・陸上競技 4x100mユニバーサルリレーにて銅メダル獲得!

陸上競技部 大島健吾選手(法学部 4年) 東京2020パラリンピック・陸上競技 4x100mユニバーサルリレーにて銅メダル獲得!


東京2020パラリンピック4x100m ユニバーサルリレー 銅メダル獲得

陸上競技部 大島健吾選手(法学部 4年)軌跡

愛知県瀬戸市出身。生まれつき左足首から先が欠損。高校時代はラグビー部に所属し日常生活用の義足でプレー。高校2年次、パラアスリート発掘イベントで競技用義足を体験したことがきっかけで、大学入学後に陸上競技を始める。2020年9月の日本パラ陸上選手権大会花形種目の男子100メートル(T64クラス:片側下腿義足)で並み居る強豪を抑え優勝し注目を集めると、その後の大会でアジア新記録を樹立。
2021年4月のジャパンパラ陸上競技大会で11秒37のアジア記録を更新して優勝。7月上旬に東京2020パラリンピック陸上競技日本代表に決定。大島選手は「本当に多くの人に応援やサポートをしていただいて今があるので、記録で1つの恩返しができたらなと思います。パラリンピックという大きな舞台でベストの走りができるようによりいっそう気を引き締めて練習に努めます」と意気込みを語った。
東京2020パラリンピックでは、第2走者として出場した混合4×100mユニバーサルリレーで銅メダルを獲得。男子200m(T64クラス)では決勝に進出し自己ベストをマークするなど初めての大舞台で力を発揮した。


NEWS

11/5 愛知県知事を表敬訪問しました

10/14東京2020パラリンピック報告会を行いました

10/7 瀬戸市長を表敬訪問しました



9/14 東京2020パラリンピックの結果を理事長、学長に報告

9/6(月)中日新聞朝刊に記事が掲載されました

9/4(土)中日新聞夕刊に記事が掲載されました

大島健吾選手の主な成績

2020年9月6日 第31回日本パラ陸上競技選手権大会 男子100m(T64) 優勝 11秒93
2020年11月7日 第25回関東パラ陸上競技選手権大会 男子100m(T64) 優勝 11秒60(大会新記録)
2021年3月20日 第32回日本パラ陸上競技選手権大会 男子100m(T64) 優勝 11秒70(大会タイ記録)
2021年3月27日 第119回日本体育大学陸上競技会 男子100m(T64) 優勝 11秒46(アジア新記録)
2021年4月24日 2021ジャパンパラ陸上競技大会 男子100m(T64) 優勝 11秒37(アジア記録更新)
2021年8月29日 東京2020パラリンピック 男子100m(T64) 予選1組 5位 11秒41
2021年9月3日 東京2020パラリンピック 混合4x100m ユニバーサルリレー 3位(銅メダル) 47秒98
2021年9月4日 東京2020パラリンピック 男子200m(T64) 決勝8位 23秒62(自己ベスト)