グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  東京2020パラリンピック報告会を開催

東京2020パラリンピック報告会を開催


10月14日(木)、名古屋キャンパスクラインホールにて、陸上競技部大島健吾選手(法4年)が出場した「東京2020パラリンピック」の報告会を開催いたしました。当日はTeamsによるライブ配信を同時実施し、来場と動画視聴合わせて171名が参加しました。
 
学生自治会の安口副委員長(法3年)の司会進行のもと、因田理事長・小川同窓会長の挨拶をもって開会しました。パラリンピックの3種目に出場し、ユニバーサルリレーで銅メダルを獲得した功績を称え、赤楚学長と小川同窓会長による表彰が行われました。
(父母会からも奨励金が贈られています)

表彰の後は、競技結果を振り返る動画を視聴しました。大島選手の懸命に走り抜ける姿に、当時の感動がよみがえりました。
 続いて、大島選手との松田准教授(スポーツ健康学部/陸上競技部部長)へのインタビューを行いました。インタビュアーは学生自治会の市村委員長(法3年)が務め、大舞台で力を発揮するために普段から大切にしている考え方や、大島選手と松田先生の“師弟関係”など、短い
時間の中で様々な話を聞くことができました。

最後に大島選手による挨拶が行われ、これまでの支援への感謝と「3年後により成長した姿を見せたい」と、パリ大会を見据えた力強い抱負を語り、閉会となりました。


※集合写真撮影時のみマスクを外しています。