グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・大学院

数理・データサイエンス・AI教育プログラムについて


本教育プログラムでは、これまで名古屋学院大学で行ってきた情報教育を含めた初年次教育を拡張させ、Society5.0、AI時代といったデータ駆動型社会において、機械学習やAI技術を活用できる人材を育成します。
数理・データサイエンス・AIについて関心を持ち、リテラシーレベルとしてそれらを活用するための心得、知識を理解し、基礎的な技術を習得させることを目的としたプログラムです。なお、本教育プログラムは、文部科学省が設置する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に(2024年度)申請予定です。

身につくことができる力

本プログラムを通して、学生は大きく変わりつつある社会の中で求められる役割・責任を自覚し、数理・データサイエンス・AIの広範な適用領域を意識しながらデータを適切に読み解き、活用する方法を身につけることができます。また、本学ディプロマポリシーに基づく、知識・技能、思考力・判断力・表現力を主体的・複合的に身につけることができます。


本プログラム修了要件

全学共通科目(一部必修科目)の情報処理リテラシー(2単位)とデータサイエンスリテラシー(2単位)の計4単位を修得すること。


授業科目と履修について

科目名称 配当年次 履修条件 シラバス 審査項目とモデルカリキュラム
との対応関係
情報処理リテラシー 1年次 必修 学外シラバスをご覧ください。
PDF
データサイエンスリテラシー 1年次 選択 PDF
 通常通りの履修登録をおこない、履修してください。

プログラムの自己点検・評価


  1. ホーム
  2.  >  学部・大学院
  3.  >  学部
  4.  >  数理・データサイエンス・AI教育プログラムについて