グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 入試情報 > アドミッション・ポリシー(入学受入方針)抜粋

アドミッション・ポリシー(入学受入方針)抜粋


アドミッション・ポリシー(入学受入方針)抜粋

本学の各学科は、教育研究上の目的に則り、3つのポリシーとしてディプロマ・ポリシー(DP)およびカリキュラム・ポリシー(CP)を踏まえてアドミッション・ポリシー(AP)を策定しています。

ディプロマ・ポリシー(DP)とは
学部学科が教育活動の成果として学生に保証する最低限の基本的な資質を記したもの、養成する人物像。

カリキュラム・ポリシー(CP)とは
ディプロマ・ポリシーを保証する体系性と整合性が担保されたカリキュラムであり、教育の実施に関する基本的な方針。

アドミッション・ポリシー(AP)とは
ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに沿った学生募集の方針と入学者選抜の方法。

本学は、各学部学科の3つのポリシーをHP(https://www.ngu.jp/outline/about/policy/)上で公表しています。

経済学科

求める学生像
 経済学部の教育理念は、建学の精神である「敬神愛人」を基盤にしながら、経済の理論と実際を学び、社会で起きているさまざまな現象を読み解く力を涵養し、地域社会やビジネスに貢献できる国際感覚豊かな経済人を育成することである。
 そのため、経済学部は、上記の教育理念に共鳴する学生を求め、具体的には、以下のような学生を広く受け入れる。
1) 経済社会に興味をもつ者
2) 経済学に関する専門知識および幅広い教養の修得に積極的である者
3) 主体的に学習して社会に貢献しようとする熱意ある者

入学時までに身につけるべき知識、能力など
1) 高等学校の教科に関する基礎的・基本的な知識・技能
2) 基礎的・基本的な知識・技能に基づき、経済社会に関する自分の考えをまとめ、他者に伝えるための思考力・判 断力・表現力
3) 教科の学習にとどまらず、経済社会に関する多様な学習や活動を経験することによる、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度

現代社会学科

求める学生像
 現代社会学科では、建学の精神「敬神愛人」のもと、この学科の教育目標を理解し、それに向かって意欲的に学び、かつ積極的に行動する人、具体的には、以下のような学生を広く受け入れます。
1) 安定と成熟のなかにありながら複雑化・多様化が進み、その持続可能性を問われ大きな転換に向かっている現代社会に広く関心をもっている学生
2) 現代社会が求める幅広い基礎的教養と現代社会がもつさまざまな側面を洞察し、的確な判断ができる専門的知識を合わせてバランスよく身につけたいと望んでいる学生
3) 現代社会を生き抜くために必要な課題発見・問題解決型能力と積極的な行動力を身につけたいと考えている学生
4) 獲得した知識や能力を生かして社会や地域に貢献しようと志し、社会に新たな価値を創造して次代の社会を切り拓こうとする学生

商学科

求める学生像
 商学科では、将来、ビジネスの現場で活躍し、社会経済の健全な発展に寄与することを希求する者、具体的な下記の要件を備えた者を入学者として受け入れの対象とする。
1) 建学の精神に沿う豊かな人間性と誠実さをもち、社会の役に立つことを実行しようとする高い志があること
2) 現実の経済および企業経営の実践に対する探究心が旺盛で、国際的視野に富み、進んで真理を探究する意欲と能力があること
3) 問題解決能力を身につけさせる本学部教育方針のもとで、学習に必要な基礎的知識・論理的思考力・コミュニケーション能力を備えていること
4) 本学部で修得した専門的知識および実践的問題解決能力を、国際社会および地域社会の将来に役立てようという強い意志をもつこと

経営情報学科

求める学生像
 経営情報学科では、経営情報学における知識および技能を修得し、それらを活用して産業および企業の革新に寄与することを希求する者、具体的な下記の要件を備えた者を入学者として受け入れの対象とする。
1) 建学の精神に沿う豊かな人間性と誠実さをもち、社会の役に立つことを実行しようとする高い志があること
2) 現実の経済および企業経営の実践に対する探究心が旺盛で、国際的視野に富み、進んで真理を探究する意欲と能力があること
3) 問題解決能力を身につけさせる本学部教育方針のもとで、学習に必要な基礎的知識・論理的思考力・コミュニケーション能力を備えていること
4) 本学部で修得した専門的知識および実践的問題解決能力を、国際社会および地域社会の将来に役立てようという強い意志をもつこと

法学科

求める学生像
1) 名古屋学院大学の建学の精神を尊重し、本学部の教育目標に共感する者
2) 法律学を学ぶことに強い意欲をもつ者
3) 法律学を通して社会の発展に貢献しようとする高い志のある者

英米語学科

求める学生像
1) 英語をはじめとする外国語運用能力の向上を自主的にめざす者
2) 外国の社会・文化・歴史などに強い関心と理解を持つ者
3) 学修した英語をはじめとする運用能力を大いに活用して、国際ビジネス関係、観光業や航空業などに就職したい、また英語教育に携わりたい、海外で日本語教員として活躍したいなど、自分の夢に向かって確実に進んでいく強い意志と向上心をもった者

国際文化学科

求める学生像
 国際文化学科では、国際的視野をもって自立した将来設計を描くことを希求する者、具体的には下記の要件を備えたものを入学者として受け入れの対象とする。
1) グローバル時代における価値の共有化の中で、地域固有の文化に目を向け、地域の言語・文化・社会・経済などに多様な視点で関心をもつ者。
2) 実践的ツールとしての外国語運用能力を高める意志の強固な者。
3) 現実社会から実践的に課題を掘り起こし、その解決のための方策を考え行動する者。
4) 具体的な将来目標として、国際的ビジネスパーソン、国際的視野をもって観光・流通・交通などの業をめざす者、海外で日本を紹介し、また日本語・日本文化の指導者として活躍することを希望している者、国際協力・国際支援に関わるような活動に積極的に参画しようと考える者など。

国際協力学科

求める学生像
 国際協力学科では、国際的視野をもって自立した将来設計を描くことを希求する者や国際協力実践現場で貢献することを目標とする者、具体的には下記の要件を備えたものを入学者として受け入れの対象とする。
1) グローバル時代における価値の共有化の中で、地域固有の文化に目を向け、地域の言語・文化・社会・経済などに多様な視点で関心をもつ者。
2) 実践的ツールとしての外国語運用能力を高める意志の強固な者。
3) 現実社会から実践的に課題を掘り起こし、その解決のための方策を考え行動する者。
4) 具体的な将来目標として、国際機関や国際民間組織等で働くことを目指す者、国際協力・国際支援に関わるような活動に積極的に参画しようと考える者、国際的ビジネスパーソン、国際的視野をもって観光・流通・交通などの業をめざす者、海外で日本を紹介し、また日本語・日本文化の指導者として活躍することを希望している者など。

スポーツ健康学科

スポーツ健康学科では、健康科学やスポーツ科学に関する広範な知見を学び、スポーツの実践力の向上への意欲はもとより、スポーツや体育の指導者に必要な知識、技術および能力の修得について強い関心をもつ学生を優先して迎え入れています。具体的には卒業後の進路として、中学や高校の保健体育教師、スポーツクラブなどの指導者、その他の職域あるいは地域において積極的にスポーツ活動の振興や健康行動獲得の推進に貢献する人物像を意識して欲しいと考えています。

こどもスポーツ教育学科

 こどもスポーツ教育学科は、こどもの運動やスポーツに関する素養を備え、こどもの心身ともに健やかな成長に貢献できる、専門知識と実践的な教育力をもった人材を育成することを設置の理念としており、具体的には幼稚園教諭ならびに小学校教諭の養成を大きなねらいとしています。
 そこで、スポーツや運動に興味をもつとともに、こどもの教育や指導に関心をもち、将来幼稚園、小学校あるいは企業や地域社会において、こどもの健全な発育発達に貢献することを望む学生を求めています。

理学療法学科

 医療の専門的職業人を養成する本学部では、すべての教育課程が「人間とは何か」「よりよく生きるとはどういうことか」という問いかけとその解答を求める行動に集約される。そのためにはさまざまな領域の学問に関心をもち、現代社会が抱える課題に立ち向かおうとする気概を強く育てることが求められる。他者の生活の安定と健康の維持を常に意識することができる理学療法士となることは、自己の生涯目標を明確にし、専門分野の知識と先端的技術の飽くなき追求によって達成できる。同時に、深みのある人間となるためには、広い教養と地域・個人に固有の文化への理解が必要である。それらを統合的に身につけ、積極的に行動できるようなプロフェッションをめざして意識的に学修に励む学生を受け入れる。

求める学生像
以下の要件を備えた学生を求めている。
1) 建学の精神を尊重し、他者へのいたわりの精神を備えている者
2) リハビリテーション学部理学療法学科の教育目標を理解し、目標達成のために学業の修得に強い意欲をもつ者
3) 理学療法士として社会や地域の医療、健康、福祉に貢献しようとする高い志のある者