グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  熱田区「ARを活用した歴史体感事業」に関する協業について

熱田区「ARを活用した歴史体感事業」に関する協業について


本学と特定非営利活動法人LiNKSは、名古屋市熱田区の「ARを活用した歴史体感事業」にナカシャクリエイテブ株式会社と協業で取り組みを進めることとなりました。

◇事業内容

「ARを活用した歴史体感事業」は、熱田神宮周辺地域に数多く残る史跡などの名所の魅力を認知してもらうことを目的に、当該地域の周遊を促し、熱田の魅力を区民や市民、観光客の皆さまに幅広く発信するとともに、地域経済の活性化をはかります。また、熱田区で学ぶ本学学生が企画に参画し、魅力発信の担い手となることで、若い世代の地域への誇りや愛着を醸成し、“あつた人(びと)”増加につなげます。

あつた人(びと)について  https://www.ngu.jp/atsuta-brand-plus/who/

◇今後の活動について

今後は若い世代の視点から、熱田の魅力を情報発信するコンテンツ作成やイベントの企画・実施を進めていく予定です。
  • 熱田区の魅力ある地域資源をキャラクタ化し、情報発信
  • 若年層にも馴染みやすい、キャラクタを使用したARコンテンツの作成
  • 学生主体で企画立案したARコンテンツと連動のデジタルスタンプラリーの実施
  • 熱田の魅力を若い視点で深堀した広報物の作成
  • SNSを用いた情報発信や、学生による熱田の魅力を伝える商品開発

◇これまでの実績

本学は地域との連携・交流を通じ、地域をキャンパスとした実践的な教育を行っています。学生が地域に出ることでその地域の抱える現実を直接知ることができ、その課題の解決や地域の活性化に向けた企画立案から実施までを主体的に行うことで、学生の実践力を育みます。これまでの実績の一例をご紹介します。

地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)
~名古屋市における地域連携事業、地域活性化事業の実施「project758」

2013年度に本学の地域連携事業の成果が評価され、文部科学省補助事業「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されました。地域との連携・交流を通じ、地域をキャンパスとした実践的な教育を行っています。
「PROJECT758」では、名古屋市熱田区を舞台とした地域の魅力を、オリジナルのアニメキャラクターや高精細な4K画質による動画放映などを用い、さまざまな形で発信しています。
詳細はコチラから

【PROJECT758 公式ポータルサイト】 http://p758.jp/

私立大学研究ブランディング事業
~コンテンツを用いた名古屋あつた観光振興

公共的、歴史的、人的な資源が豊富な名古屋市熱田区(本学所在)を研究ゾーンに位置づけ、地域関係者との協働研究により、新世代型コミュニティ像を明らかにし、地域価値の編集を目的に各チームで研究を進めています。
商学部 伊藤昭浩教授の研究では、VR/AR技術をもちいて、「宮の渡し」のVRコンテンツ作成など、地域資産の観光化にむけた基礎的コンテンツの研究開発などを行っています。
詳細はコチラから


◇特定非営利活動法人LiNKSについて

LiNKSは、商学部 伊藤昭浩教授のゼミ生らを中心に活動している組織です。
詳細は、コチラのページをご確認ください。