グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  教育・研究 >  教育活動 >  FD活動への取組

FD活動への取組


名古屋学院大学の教育活動をより向上させるために活動を行っています。

FD(ファカルティ・ディベロップメント)活動について

FD(ファカルティ・ディベロップメント)活動とは、「授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取り組み」(「21世紀の大学像答申(平成10年)」)であり、2008年に改正された大学設置基準では、その実施が各大学に義務づけられました。名古屋学院大学も、このFD活動を継続的に展開し、教育目標の達成を図るとともに、法令を順守し社会的責任を果たしてまいります。
名古屋学院大学では、建学の精神「敬神愛人」のもと、全学生に対して知識の修得と人格の育成の両面から教育を行なうとともに、それぞれの学部における専門教育を通じて、次代を担う有為な人材の育成を目指しています。そのため、授業の内容や教育スタイルにも新しい知見や技法を取り入れながら、より効果的でより大きな教育成果が得られるよう授業の改善に組織的に取り組んでいます。

2019年度FD活動方針

本学は、以前から授業内容・方法の改善や向上に活発に取り組んできましたが、それをより組織的な取り組みとして活動を支援し推進していくため、2003年11月に全学組織として「FD委員会」を設置しました。FD活動を推進するための取り組みとして、毎学期、学生による授業アンケートを実施し、教員向けの全体研修会の開催や学部単位でのFD会議の開催を続けています。今後も、これまでの取り組みを継続するとともにさらに改善するために、2018年度は以下のようなFD活動を推進します。

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーの実現

学部学科が提示したディプロマ・ポリシーを達成できるようカリキュラム編成をし、カリキュラム・ポリシーを定めカリキュラム・マップで各科目との関連性を明示します。「学部FD委員会」で各学部が抱える固有の教育課題を検討し、改善に努めます。また、学生の能動的学修を支援するためにアクティブ・ラーニングの環境づくりを推進します。

学修成果の可視化とそれに基づく改善

成績分布や出席状況といった学修データを多面的に分析し、現状を把握するとともに改善施策を立案します(IR活動)。学生による研究発表会などの教育イベントを通じて、学修成果を積極的に公開します。ルーブリックの導入によって授業の達成度を明示する取り組みを開始します。

教員の研修

教員を対象としたICT/FD研修会を開催し、効果的な教育手法の普及を目指します。また、学外機関のFD研修に教員を派遣し、その成果を学内で共有します。さらに、教育学習センターが学内教員の授業方法を取材し、ユニークな手法をブログで紹介します。