グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  社会連携センター >  連携協定について

連携協定について


名古屋学院大学では、企業や自治体等と連携し、さまざまな事業を展開しています。
この事業を通じ、本学の教育研究活動の成果を広く地域に還元し、地域と一体となって発展する大学を目指します。

連携協定先 一覧

1. 地方自治体等との連携

多治見市と名古屋学院大学との連携に関する協定書

締結日:2015年3月13日
連携先:多治見市

市と大学が包括的な連携のもとに、パートナーシップによるまちづくり、ひとづくりを基本理念として、福祉、健康・スポーツ、教育、産業、文化、国際交流等の分野で相互に協力し推進するとともに、大学における教育・研究及び地域社会の発展と優れた人材の育成に寄与することを目的とする。
次の事項について連携協力する。
  1. 地域の活性化に関すること。
  2. 福祉、健康・スポーツの推進に関すること。
  3. 教育及び人材育成に関すること。
  4. 産業の振興に関すること。
  5. 地域文化の振興に関すること。
  6. 学生の課外活動、インターンシップなどに関すること。
  7. その他前条の目的を達成するために必要と認められる事項

名古屋学院大学と名古屋市との連携協力に関する協定

締結日:2007年10月1日
連携先:名古屋市


商店街の振興、観光の推進、まちづくりなどを通じて、情報の交換や人の交流、事業の実施により連携協力していくこととした。
連携協定に基づき、名古屋市との地域連携協議会(大学・市本庁・熱田区役所)を設置。さらに熱田区役所管轄の「熱田区まちづくり協議会」のもとに、大学との協働まちづくりを推進する組織「あったか人まちづくり専門委員会」を設置し、大学(教職員・学生)、住民、商店街、NPO、企業、行政が協働してまちづくりに取り組んでいる。(委員長は社会連携センター長が務める)

2. 企業との連携

学校法人名古屋学院大学と公益財団法人名古屋観光コンベンションビューローとの連携協力に関する協定

締結日:2013年7月15日
連携先:公益財団法人 名古屋観光コンベンションビューロー
観光・コンベンション・国際交流等の分野において相互に連携協力して魅力ある地域づくりをすすめ、以て地域社会の発展に寄与することを目的とする。
次の事項について連携協力する。
  1. 観光による地域活性化に関すること
  2. コンベンション推進に関すること
  3. 学術研究に関すること
  4. 人材育成に関すること
  5. その他両者が協議して必要と認める事項

学校法人名古屋学院大学と公益財団法人名古屋まちづくり公社名古屋都市センターの連携に関する協定書

締結日:2013年10月1日
連携先:公益財団法人まちづくり公社 名古屋都市センター

名古屋の魅力向上や地域コミュニティの再生に貢献することを目的とする。
次の事項について連携協力する。
  1. まちづくりに係る人材育成
  2. まちづくりに資する地域情報の収集、活用
  3. まちづくりに関わる学術研究
  4. コミュニティ再生に関わる地域活動
  5. その他両者が協議して必要と認める事項

学校法人名古屋学院大学と瀬戸信用金庫の連携に関する協定書

締結日:2016年3月17日
連携先:瀬戸信用金庫
両者の包括的な連携のもとに、相互に協力して地域社会の活性化を図るとともに、優れた人材の育成に寄与することを目的とする。
次の事項について連携協力する。
  1. 地域貢献活動に関すること
  2. 地域産業の振興に関すること
  3. 教育研究及び人材育成に関すること
  4. 国際交流に関すること
  5. 学生の課外活動、インターンシップなどに関すること
  6. その他甲及び乙の間で協議して定める事項

学校法人名古屋学院大学と公益社団法人日本技術会中部本部の連携に関する協定書

締結日:2016年3月25日
連携先:公益社団法人 日本技術士会中部本部
両者が相互に協力して地域社会の活性化を図るとともに、優れた人材の育成に寄与することを目的とする。
次の事項について連携協力する。
  1. 社会貢献活動に関すること
  2. 教育研究及び講座研修に関すること
  3. 施設及び人材の相互活用に関すること
  4. その他甲及び乙の間で協議して定める事項

公益財団法人名古屋みなと振興財団と学校法人名古屋学院大学との連携に関する協定書

締結日:2016年3月29日
連携先:公益財団法人 名古屋みなと振興財団
両者の包括的な連携のもとに、相互に協力して地域社会の活性化を図ることを目的とする。
次の事項について連携協力する。
  1. 地域貢献活動に関すること
  2. 地域産業の振興に関すること
  3. 教育研究及び人材育成に関すること
  4. 国際交流に関すること
  5. その他甲及び乙の間で協議して定める事項

3. 高等学校との連携

「高大連携プログラム」に関する協定書

締結日:2015年2月20日
連携先:学校法人愛知享栄学園 栄徳高等学校
高大連携の観点から望ましい学問分野での講座や連携活動等を「高大連携プログラム」(以下プログラムという)として立案し実施する。

4. 他大学との連携

大学コンソーシアムせとに関する包括協定書

締結日:2003年6月3日
連携先:愛知工業大学、金城学院大学、名古屋学院大学、名古屋産業大学、南山大学
瀬戸市と本学を含む6大学(現在は5大学)が協働して、新しい文化活動を創成していくこととした。
生涯学習講座、市と協働したまちづくり施策、大学生によるまちづくり活動、合同大学祭の企画運営、瀬戸地方近郊駅伝競走大会などに参画。

未来医療研究人材養成拠点形成事業の共同実施に関する協定書

締結日:2013年12月7日
連携先:名古屋市立大学、名古屋工業大学、名古屋学院大学
質の高いエイジング・イン・プレイス社会を実現するための医学・医療の発展を担う総合診療医、コミュニティ・ヘルスケア指導者及びICT医工学の実践的リーダーの育成を目的とし、大学間の積極的な連携を推進する。