グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 入試情報 > 入試Q&A

入試Q&A



一般入試

Q1 一般入試(前期)は、1日につき何学科まで併願できますか?

受験1日につき2学科まで併願可能です。センタープラス入試を併願する場合は、どちらか1学科を選択してください。

Q2 同一日に複数の学部・学科を併願することは可能ですか?また、グループを超えた併願も可能ですか?

一般入試(前期)は本学が指定する同一グループ内(グループAおよびグループB)でのみ併願が可能です。一般入試(中・後期)は全学部全学科で併願が可能です。

Q3 検定料割引について教えてください。

一般入試(前・中・後期)における初出願時の入学検定料は25,000円となりますが、2出願目以降についてはそれぞれ10,000円の入学検定料で受験が可能です。

Q4 一般入試(前期)で合格しましたが、別の学科が第一志望です。どうしたらいいですか?

本学の一般入試は中期と後期と合わせて3回あります。前期合格者でも中期と後期で希望する学部・学科への再受験も可能です。ただし、前期合格者の1次手続期限は中期試験日以前にあります。手続期限は厳守となりますので、ご注意ください。中期で合格して、後期に再受験する際も同様になりますので、ご注意ください。

Q5 [3併願割]で前期3日間全てに受験した場合の受験料はいくらですか?

一般入試(前期)試験を全3日間とも[3併願割]で出願した場合の検定料は計75,000円となります。

Q6 2教科型と3教科型の同一日併願はそれぞれ試験を受けるのですか?

いいえ、1回のみの受験で、2教科型と3教科型の2回合否判定を行います。

Q7 過去問はありますか?

前年度入試の問題を受験生サイトに掲載しています。
また、書店等で販売されている赤本には過去3カ年における一般入試の入試問題が掲載されています。

センタープラス入試

Q1 センタープラス入試だけに出願することは可能ですか?

いいえ、できません。一般入試(前期)において、各学科が指定した科目を含めた2または3科目を受験してください。

Q2 センタープラス入試の選考方法を教えてください。

一般入試(前期)の高得点1科目と大学入試センター試験の高得点2科目の成績で合否判定します。
※外国語学部英米語学科、国際文化学部国際文化学科・国際協力学科は必須科目(英語)を設けています。

センター試験利用入試

Q1 前期で不合格だった場合、中期や後期で出願しても厳しいでしょうか?

合格ボーダーは前期・中期・後期と全て異なります。また、学部・学科によっても異なりますので、前期の不合格が中期、後期に影響することはありません。

Q2 複数の学部・学科を併願することは可能ですか?

各学部・学科の入試要項を満たす科目を大学入試センター試験で受験していれば、併願する学部・学科数に制限はありません。

特別奨学生入試

Q1 合格すれば、4年間の学費免除は継続されますか?

原則、入学金と4年間の学費は免除されますが、奨学期間中に成績等により不適格と認められたときは奨学生資格が取り消されることもあります。また、各年ごとに諸会費は別途、必要となります。

Q2 学費以外に必要なお金はありますか?

授業で使用する教科書やテキスト等の費用は自己負担となります。

Q3 過去問はありますか?

前年度入試の問題を受験生サイトに掲載しています。また、書店等で販売されている赤本には過去3カ年における一般入試の入試問題が掲載されています。

AO入試(総合型選抜)

Q1 AO入試(総合型選抜)について教えて下さい。

各学部・学科の専門領域に即した内容の講義・試験・ディスカッションなどを行い、評価します。そこで重視する点は選考学問分野の修得に必要な基礎的理解力・考察力・協調性・表現能力などです。当然のことながら意欲や積極性も重要なポイントとなります。選考方法は学部・学科によって異なりますが、出願基準としての高等学校の評定平均値などは特に定めていません。また、専願制ですので、合格した際の入学辞退はできません。

Q2 入試前に準備することはありますか?

試験日当日には学部・学科に即した内容の講義や演習を行います。事前に関連するニュースや新聞記事に触れ、理解を深めておくことも大事でしょう。

指定校推薦入試

Q1 面接の形式と対策を教えてください。

受験生3~5名に対し、面接官2名で行う集団面接形式です。事前に想定される質問や入退室のマナー等を確認する模擬面接を行い、繰り返し練習しておくと良いでしょう。

Q2 小論文の傾向と対策はありますか?

小論文試験は60分の試験時間で800字の記述が求められます。出題テーマは受験する学部・学科に関連することが多いです。日頃から関連するニュースや新聞記事には目を通し、自身の意見として考える習慣を身に付けておくと良いでしょう。また、受験生サイトに過去3カ年の小論文テーマを掲載していますので参考にしてください。

一般推薦入試(公募制)

Q1 面接の形式と対策を教えてください。

受験生1名に対し、面接官2名で行う個人面接形式です。集団面接と異なり、個人面接は自分ひとりだけのため、質問によっては深く掘り下げられることもあります。しっかり準備をして臨みましょう。

Q2 小論文型(プラス資格等評価)と基礎学力テスト型の違いとポイントについて教えてください。

小論文型(プラス資格等評価)の選考方法は小論文+個人面接で、勉強、部活動など高校生活を頑張った受験生向けの試験型です。一方、基礎学力テスト型は基礎学力テスト+個人面接で、日頃の受験勉強の成果を活かしやすい試験型です。
※基礎学力テストの出題科目は理学療法学科は英語、数学、理科(物理・化学・生物)から1科目選択、それ以外の学科は英語、国語からの出題となります。出題範囲は一般入試と同じです。(理科は基礎のみ)

Q3 過去問はありますか?

受験生サイトに過去問及び小論文テーマを掲載していますので参考にしてください。
(基礎学力テストは数学を除きマーク式解答になります。)

Q4 調査書は何通必要ですか?

一般推薦入試(前期)で2日間とも出願する場合は2通必要となります。

指定種目スポーツ推薦入試

Q1 都道府県大会でベスト8以上の成績と同等の競技力はどのように証明すればよいですか?

個人やチームとしてベスト8以上の実績が無くても、都道府県の代表として選抜された方や同等の競技力を客観的に証明する資料があれば、お申し込みください。

Q2 それぞれのクラブの練習場所や活動拠点を教えてください。

バスケットボール部(男女)は名古屋キャンパス、硬式野球部・サッカー部(男女)・ラグビー部・バレーボール(女子)は瀬戸キャンパス、馬術部(男女)は学外で主に活動しています。

Q3 該当種目においてはどの学部に入学しても入部できますか?

それぞれの種目において入学可能な学部・学科については入試要項をご確認ください。(※6月中旬頃完成予定)

スポーツ・文化系活動推薦入試

Q1 顕著な実績とは、どの程度ですか?

都道府県大会出場以上を想定しています。

ネット出願

Q1 ネット出願をする環境(PC・プリンター・スマートフォン)が無い場合、どうすればよいですか?

パソコンは自宅以外のものでも構いません。プリンターがない場合は、インターネット出願の際に画面表示される必要事項を書き写して送付して下さい。

Q2 突然エラー画面になった時はどうすればいいのでしょうか?

一度操作を中断し、志願受付操作サポート窓口(0120-752-257)までご連絡ください。

その他

Q1 入試要項・入学願書の配布時期を教えてください。

各入試要項・入学願書の配布開始時期(予定)は以下のとおりです。
  1. 指定校推薦入試・・・7月上旬(対象となる各高校に送付)
  2. 指定種目スポーツ推薦入試・・・6月中旬
  3. AO入試、一般推薦入試、特別奨学生入試、一般入試、センタープラス入試、センター試験利用入試、グローバル人材特別入試、スポーツ・文化系活動推薦入試・・・7月下旬
  4. 外国人留学生入試・・・7月中旬
  5. 社会人入試、海外帰国生徒入試・・・7月中旬
  6. 編入学試験・・・7月中旬

Q2 [3併願割]で出願を行う場合、調査書は3通必要ですか?

通数は一度の郵送につき、1通で結構です。複数回で郵送される場合は都度、調査書または検定合格(見込み)証明書が必要です。

Q3 身体に障害がある場合の受験には何か特別措置を講じてもらえますか?

受験に際し、特別措置を希望する場合は、出願前に必ず入学センターまでご相談下さい。

Q4 受験の際に宿泊施設の紹介や斡旋を行っていますか?

本学では受験の際の宿泊施設の提供や斡旋は一切行っておりません。

Q5 専願入試と併願入試について教えてください。

専願入試とは合格した際に原則、入学を辞退することができない入試です。
併願入試は複数の大学、または同じ大学の複数の学科をを受験し、合格した大学・学科の中から選んで入学できる入試です。