グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 名古屋学院大学を知る > 学生支援(CCS)

学生支援(CCS)


学生と教員・事務局がつながるしくみ
学生・教員・事務局をネットワークで一つにつなぎ、様々な場面で、学生一人ひとりに合ったサポートを行う独自のネットワークシステム、それが名古屋学院大学のキャンパスコミュニケーションサービスCCSです。
学生からの支持も厚く、学内アンケート調査の結果から、その高い満足度が伺えます。
学生の声からその特徴をご説明します。

学生生活では

名古屋学院大学校内はもちろん、外出先や自宅、いつでもどこでも大学とつながる。それがCSS!

Point1|学生と教員と事務局を結ぶNGU独自のネットワーク

時間割の確認や成績・単位取得状況などが確認できるほか、教員や事務局からの連絡事項、休講情報などがメールで携帯電話に届きます。また、教材のダウンロードや課題の提出もCSSから可能です。

Point2|自分の都合に合わせて勉強できる

帰宅途中、電車の待ち時間など、ちょっとした合間に「自学自習システム」を活用し復習しています。クイズのような選択式の問題だったり、ランキング表示があったりと、ゲーム感覚で楽しめるのがうれしいです。また、その日の講義内容をその日のうちに復習することもでき、すごく便利ですね。
  • CCSとは(大学サイト:別ウインドウが開きます)

留学先では

留学が盛んな名古屋学院大学では、安心して留学生活を送るために、CCSが大切な役割を果たしています。

Point1|留学先から大学の教職員・友人と連絡をとりあえる

留学生活では、慣れない環境で不安になったり、勉強で壁にぶつかったりすることがあります。そんなときでも、CCSを利用すれば大学の先生や事務局に相談したり、コミュニティ機能で大学の友達との情報交換ができます。

Point2|留学先でも履修科目の確認が簡単にできる

留学中には、本学での単位の計算方法や履修している科目などを確認したい場合があります。CCSを利用すれば、時差のある留学先からでも問い合わせが出来るので、安心して留学生活をおくることができます。
  • CCSとは(大学サイト:別ウインドウが開きます)

就職活動では

就職活動でもCCSは必須アイテム!
就職活動の報告を入力すれば、キャリアセンターや先生からのアドバイスも。

Point1|自分が発見できるぞ、キャリアデザインシステム

1年生の段階から、CCSのキャリアデザインシステムに自分の強みや興味のある仕事などを入力。自分の将来に向けた課題が明らかになり、目標をもって課題に取り組めば、将来、就職活動が有利に進むこと間違いなし!

Point2|キャリアセンターや先生からのアドバイスを活かせ

CCSを利用して就職活動の状況をキャリアセンターや先生に報告。その状況に応じたアドバイスを活かせば、志望の企業にも内定だ!
  • CCSとは(大学サイト:別ウインドウが開きます)