グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  名古屋・熱田セグウェイツアーを実施しました

名古屋・熱田セグウェイツアーを実施しました


3月28日(木)、本学名古屋キャンパス周辺公道にて、 搭乗型 移動支援ロボット(セグウェイ)を用いた社会実験「名古屋・熱田セグウェイツアー」を実施しました。
この取組は、本学も参加する熱田地域搭乗型移動支援ロボット 実証実験推進協議会(2017年10月設立)が企画したもので、セグウェイに乗車して熱田の地域資源を周遊することで、新たな観光振興につなげることを目的としています。 (担当教員/現代社会学部 水野教授)

当日午前は、名古屋市副市長の廣澤様を始めとした行政の方に社会実験にご参加いただきました。水野教授による実験の趣旨説明がありました。その後キャンパス敷地内にて乗車訓練を実施し、公道での走行を行いました。

午後には一般公募者によるセグウェイツアーを行いました。 ツアーでは名古屋キャンパスたいほう~白鳥庭園間を巡り、セグウェイの持つアトラクション性を味わいつつ、白鳥公園の桜並木など周囲の景色を楽しんでいたようすでした。徒歩で散策した白鳥庭園では、庭園職員による見所や歴史の紹介に加え、お茶とお菓子も堪能していただきました。

今回の社会実験で得た成果を今年度の活動にも活かし、名古屋市の魅力向上に貢献していきます。