グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



「やっとかめ文化祭」で井澤知旦教授が市民向け講座を開催


ホーム > お知らせ > 「やっとかめ文化祭」で井澤知旦教授が市民向け講座を開催

10月27日(土)から11月18日(日)にかけて名古屋市内で開催中の「やっとかめ文化祭2018」に、名古屋学院大学も協賛団体として参画しています。
その一環として、11月10日(土)に、現代社会学部長の井澤知旦教授が講師となり、市民向け講座を開催しました。テーマは、『四間道・那古野界隈の来し方から行く末を考える』。当地域を代表する商家「伊藤家住宅」のお座敷を会場として、名古屋の歴史を肌で感じながら井澤先生のお話が展開されました。講座では、四間道・那古野の街が形成された経緯や円頓寺商店街での新たな取組、名古屋都心部のエリアマネージメントに至るまで、笑いを交えながら楽しく学ぶことができました。質疑応答も盛り上がり、活気ある講座となりました。