グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



「なごや防犯ボランティア団体協定」を締結


ホーム > お知らせ > 「なごや防犯ボランティア団体協定」を締結

 2月5日(火)に、名古屋市、名古屋学院大学、本学学生自主防犯団体「熱田プロテクトチーム(APT)」の3者による「なごや防犯ボランティア団体協定」を締結しました。調印式には、名古屋市地域振興部長、熱田区長、熱田警察署生活安全課長がご参列くださり、小林甲一本学学長、APT代表坂野翔太さん(法学部4年)による調印の後、名古屋市から防犯活動グッズが無償貸与されました。APTは、熱田警察署の指導の下、熱田区周辺地域で防犯PR活動等を行っている団体で、2016年10月に警察官や行政職を目指す有志学生により結成されました。現在、15名程の本学学生が所属しています。今年度、APTが愛知県からの助成を受けて取り組んでいる「特殊詐欺未然防止活動」が名古屋市にも評価され、このたびの協定締結が実現しました。この協定を活かし、名古屋キャンパス周辺における地域力向上に力を入れていきます。