グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



上級まちづくりマイスター認定証授与式を執り行いました


ホーム > お知らせ > 上級まちづくりマイスター認定証授与式を執り行いました

 1月26日(金)、「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の一環として「上級まちづくりマイスター認定証授与式」が、名古屋キャンパス白鳥学舎チャペルにて執り行われました。
 出席した11名の学生には、小林学長から直接認定証が手渡され、これまでの学びを心に刻み、これからも活躍してほしいとの激励の言葉が送られました。また家本社会連携センター長や、まちづくり担当教員である経済学部田中講師・越智講師(代理出席:国際文化学部黒柳講師)からも、上級まちづくりマイスターとなった学生を鼓舞するメッセージが送られました。

【認定証授与式概要】
■ 日 時 :2018年1月26日(金)13:30~14:00
■ 場 所 :名古屋キャンパス白鳥学舎チャペル
■対象学生:20名(うち出席11名)

≪まちづくりマイスター制度≫
本学のCOC事業の3つの柱である「地域商業」「歴史観光」「減災福祉」の各分野におけるまちづくりに必要な知の修得を奨励し、その修了者を“マイスター”として認定することにより、より深く・積極的な学びを喚起するものです。
▽3つの分野を設定
 地域商業まちづくり、歴史観光まちづくり、減災福祉まちづくり
▽初級まちづくりマイスター(3つの分野ごとに認定)
 「(分野)まちづくり学」+「(分野)まちづくり演習」の単位取得
  ⇒ 初級まちづくりマイスター(分野)認定
▽上級まちづくりマイスター(3つの分野ごとに認定)
 『「(分野)まちづくり学」+「(分野)まちづくり演習」+「上級まちづくり演習(分野)」』の単位取得+外部資格取得(分野別に設定)
  ⇒ 上級まちづくりマイスター(分野)認定