グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



「2019福祉映画祭in NAGOYA」を開催


ホーム > お知らせ > 「2019福祉映画祭in NAGOYA」を開催

 2月8日(金)、9日(土)の2日間にわたり「2019福祉映画祭in NAGOYA」を本学クラインホールにて開催致しました。この映画祭は『みんなちがって、みんないい』をテーマに、映画を通して多様性を学び考えることを目的としています。昨年に引き続き本学で2回目の開催となる今回は、テーマに則した映画を4本上映。また、映画以外にも視覚障害者の噺家である桂福点氏の講演や、映画評論家・白井佳夫氏によるミュージカル映画史の解説、本学学生団体「TEAMジャンスカー」による戦隊ヒーローショーなど、楽しい企画が展開されました。福祉映画祭ならではの取組として、すべての上映作品に日本語字幕とシーン・ボイスガイドがつき、ステージ上でのパフォーマンス時には手話とパソコン要約筆記がつきました。さらにクラインホール内の一部の座席を取りはらい、車いすの方が移動しやすいように配慮しました。多くの協力団体が集まり、さまざまな障害を感じる方も楽しめる映画祭を開催できました。

【概要】
∇上映映画
『毎日がアルツハイマー』『崖の上のポニョ』『博士と彼女のセオリー』『あん』
◆主催:AJU自立の家後援会・AJU車いすセンター
◆協賛:NPO法人シーン・ボイスガイド、C-POWERグループ、名古屋学院大学