グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



「第3回 三陸&東海防災フェスティバル”伝”」を開催


ホーム > お知らせ > 「第3回 三陸&東海防災フェスティバル”伝”」を開催

 2月16日(土)、本学名古屋キャンパスたいほうにて「第3回 三陸&東海防災フェスティバル”伝”」を開催致しました。今回のテーマは『自然災害のリアリティに学び、想定外の自然災害に備える』です。講演会講師に、櫻井広行氏(宮城県名取市:ゆりあげ港朝市協同組合代表理事)をお招きし、東日本大震災の発災直後の動画を流しながら、災害の前と後でどのように生活やコミュニティが変化したかをお話しいただきました。その後、ポスターセッション、パネルディスカッション、ラウンドスタディと企画が進行。まる一日<たいほう>全館を使用しながら、120名の来場者と共に、三陸の被災経験から学び、東海の先進的な事例を共有しました。今回のイベント運営は、複数の大学に所属する学生からなる実行委員会形式をとりました。本学の学生団体「マイルポストクラブ」や「ボラセンCWクラブ・災害復興支援チームあすなろ」の学生も20名程参加し、本学のボランティア活動を発信する場にもなりました。

プログラム

∇講演(語り部)
・櫻井広行氏(宮城県名取市:ゆりあげ港朝市協同組合代表理事)

∇ポスターセッション/体験コーナー
東北学院大学、愛知淑徳大学、名古屋大学、日本福祉大学、名古屋学院大学、星のまち仙台防災教育研究会、西尾市危機管理局危機管理課、チーム・トイレの自由、NPO法人高齢者住まいる研究会、㈱眞照、竹内工業㈱、㈱T.I.A

∇パネルディスカッション
・小岩孝子氏(宮城県仙台市:NPO法人FORYOUにこにこの家理事長)
・櫻井広行氏(宮城県名取市:ゆりあげ港朝市協同組合代表理事)
・近藤ひろ子氏(JICA専門家、名古屋市港防災センター防災教育アドバイザー)
・栗田暢之氏(認定NPO法人レスキューストックヤード代表理事)
・伊藤誉之氏(ファシリテーター:実行委員長/愛知教育大学大学院)

∇ラウンドスタディ
・原田三朗氏(ファシリテーター:四天王寺大学教育学部准教授)

◆主催:三陸&東海防災フェスティバル”伝”実行委員会、名古屋学院大学