グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



減災福祉まちづくりプロジェクト

2019年度 活動報告



【瀬戸】<瀬戸の資源バスツアー>を開催しました

6月4日(火)、11日(火)の2週にわたり、瀬戸キャンパスにて「瀬戸の資源バスツアー」が開催され「減災福祉まちづくり学(担当:経済学部 澤田景子講師)・歴史観光まちづくり学(担当:経済学部 田中智麻講師)」の受講生約50名(スポーツ健康学部)が参加しました。6月4日(火)の第1弾は「瀬戸蔵ミュージアム」に、6月11日(火)の第2弾では「陶土鉱山」と「定光寺」を訪れました。バスツアーを通じて、学生たちは「瀬戸の現状と課題」に触れ、「瀬戸の資源は何か?」「災害時の瀬戸市のリスクは?」といった内容について考えました。

▽6/4(火)

瀬戸蔵ミュージアムにて、瀬戸の歴史や瀬戸焼のこれまでの歩みなどを学びました。


▽6/11(火)

鉱山見学では、採掘の現状や瀬戸の陶磁器の原料となる「蛙目粘土(がえろめねんど)」「木節粘土(きぶしねんど)」について学びました。定光寺では、本堂まで全員で階段を登り、瀬戸の資源を体感しました。

【名古屋】アクティブに車いす体験!

「減災福祉まちづくり演習(担当:経済学部 澤田景子講師)」では、5月22日(水)にActive 車楽代表の中島正二氏をお招きし、「要配慮者への避難行動時の支援」をテーマに、車いすの体験実習を行いました。今回は、日常生活においての問題点、災害が起きたときの救助方法、避難所での支援等を、バランスボールを使っての体感障害の疑似体験や、二人一組でスロープや踏切を想定した様々な段差を実際車いすに乗って味わうなど、体験を通して学びました。立場を想像するだけでなく、実際車いすに乗ってみた感覚、その差異から取るべき行動について考えました。また災害時、地震が起きたときを想定した救助方法、避難所での要配慮者への支援について、実演から学びました。

【名古屋】上級まちづくり演習(減災福祉)~要介護高齢者向けの防災ゲームを考える

「上級まちづくり演習(担当:経済学部 澤田景子講師)」では、4月24日(水)に「高齢者住まいる研究会」の寺西さんと小林さんをお招きし、防災ゲームを体験しました。最初に、先日の特別養護老人ホーム「ひびのファミリア」見学の感想を学生が発表し情報共有しました。本演習では、多様性に配慮した減災意識啓発の活動をテーマに、企画立案から実施まで行います。本演習を通じて、要介護高齢者本人のみでなく、その家族にも影響を与える防災ゲームを考案・作成していきます。今回は、何種類かのカードゲームを体験し、それぞれのカードのメリット・デメリットを考え、要介護高齢者向けのカードゲームはどのようなものがよいかディスカッションしました。

2019年度『減災福祉まちづくり』春学期授業が開講されました

今年度も、まちづくり系科目3分野(「地域商業」「歴史観光」「減災福祉」)の講義が開講されています。「減災福祉」の分野では、経済学部講師の澤田景子講師が「減災福祉まちづくり学」「減災福祉まちづくり演習」「上級まちづくり演習」を担当いたします。まちづくり系科目は、まちづくり学・演習、上級まちづくり演習と単位を取得するとマイスターに認定される制度があります(まちづくりマイスター制度/2019.4現在)。

『減災福祉まちづくり学』(1年次~)
【担当】経済学部/澤田景子講師
名古屋キャンパス:春・秋/瀬戸キャンパス:春

名古屋キャンパスでは、これまでの災害史や被災の実態、減災対策等、講義テーマに応じ、名古屋都市センター、レスキューストックヤード、名古屋市防災危機管理局の協力のもと実施されます。瀬戸キャンパスでは「減災」の考え方や、社会制度と個人の関係、まちづくりの概念と手法等を学び、社会で活躍できる人材としての基礎力を養うことを目指します。

『減災福祉まちづくり演習』(1年次~)
【担当】経済学部/澤田景子講師
名古屋キャンパス:春・秋/瀬戸キャンパス:秋

名古屋キャンパスの『減災福祉まちづくり演習』では、「地震が起きたら、どんなことが起こるのでしょう?」「大学が避難所になったら、どうなるのでしょう?」そんなことを改めて考え<想定外>のことへの想像力を鍛えます。大学を地域の資源ととらえて、自分たちのとりうる/とるべき行動について、ディスカッションや調査、体験等を通じて学んでいきます。

『上級まちづくり演習』(2年次~)※
【担当】経済学部/澤田景子講師
名古屋キャンパス:春/瀬戸キャンパス:春集中

『上級まちづくり演習』では、多様性に配慮した減災意識啓発の活動をテーマに、企画立案から実施までの一連の活動を通して理解を深めます。特に、これまで学んできた基礎的な知識や視点、問題解決に向けて行動する力を生かし、実際の地域向けた情報発信力や主体的に展開できる力を身につけることを目的としています。
※まちづくり学・演習の単位を取得後履修