グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



幼児期体力向上事業


ホーム > 減災福祉まちづくり > 幼児期体力向上事業

幼児期体力向上事業

本学と瀬戸市教育委員会および子ども家庭課が連携し、幼児期の運動促進に関する啓発事業を瀬戸市内3園と連携して展開しています。スポーツ健康学部が中心となり、かけっこや跳び箱、ボール投げなどの運動遊びを通じて、幼児の健やかな心身の発育を促す取組みを行っています。

プロジェクトのリーダー

スポーツ健康学部准教授
中野 貴博