グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



2017年度『歴史観光まちづくり』春期授業が開講


ホーム > 最近の活動状況 > 2017年度『歴史観光まちづくり』春期授業が開講

2017年度『歴史観光まちづくり』春期授業が開講

4月5日(水曜日)より、2017年度春学期の授業が開講されました。
本学COC事業の核となる、地域商業、歴史観光、減災福祉3つの課題解決型授業(PBL)も、名古屋・瀬戸両キャンパスにて授業がスタート。
名古屋・瀬戸キャンパス共に『歴史観光まちづくり学』は経済学部/田中智麻講師が担当します。最近注目を集める新しいツーリズムとして、名古屋では都市観光や歴史観光、瀬戸ではエコツーリズムやスポーツツーリズムを取り上げ、身近な観光資源の活用について考えます。より理解を深めるために、実務者をゲストにお招きした授業も展開されます。
また、名古屋キャンパスの『歴史観光まちづくり演習』も経済学部/田中智麻講師が担当します。実際に大学周辺の地域資源を見学し、その活用を考え、訪問客に向けた情報発信を企画します。授業は、熱田の老舗企業である大矢蒲鉾商店、きよめ餅総本家の協力のもと実施されます。

2017年度『歴史観光まちづくり』春期授業が開講

2017年度『歴史観光まちづくり』春期授業が開講