グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



2017年度『地域商業まちづくり』春学期授業が開講


ホーム > 最近の活動状況 > 2017年度『地域商業まちづくり』春学期授業が開講

2017年度『地域商業まちづくり』春学期授業が開講

4月5日(水曜日)より、2017年度春学期の授業が開講されました。
本学COC事業の核となる、地域商業、歴史観光、減災福祉3つの課題解決型授業(PBL)も、名古屋・瀬戸両キャンパスにて授業がスタートしました。
名古屋キャンパスの『地域商業まちづくり学』は、現代社会学部/水野晶夫教授、商学部/濵満久准教授、現代社会学部/井澤知旦教授、3名の教授がリレー形式で授業を行い、商店街とそれに関連する地域コミュニティについて学びます。
瀬戸キャンパスの『地域商業まちづくり学』は、本学非常勤/古橋敬一講師が担当し、現代のまちづくりの動向から、自らの専門性や強みを活かしたまちづくりを立案していきます。

2017年度『地域商業まちづくり』春学期授業が開講

2017年度 『地域商業まちづくり』春学期授業が開講