対象者別メニュー

留学生別科 さまざまなカリキュラムで日本研究を目指す

新着情報

新着の記事はありません

概要

留学生別科とは / About IJS

名古屋学院大学留学生別科(日本研究プログラム)は、1989年に開設されました。本別科は学校教育法上、大学の教育の一環として位置付けられた修業年限1年の教育課程であり、海外諸大学から日本研究を目指す者(交換留学生等)や日本の大学・大学院への進学を希望する者に日本語及び日本事情に関する科目を教授しています。

The Institute for Japanese Studies (IJS) was established in 1989. IJS is a one-year intensive course, provided Japanese language and area study courses for international students, as well as preparation for those students seeking admission to a regular degree program at a Japanese university.

留学生別科の特色 / Features of IJS

  • 日本語科目は、毎学期初めに実施するプレイスメントテストにより、学生それぞれの習熟度にあわせてクラス分けを行い、個々の日本語能力に適した学習を行います。
  • 日本事情科目は経済や社会、経営など幅広い分野について日本語・英語で授業を開講しています。
  • 日本語と日本文化を学ぶことができるよう、多彩な課外活動にも参加することができます。また、キャンパス内の「国際セミナーハウス」には学習や生活のサポートする日本人学生が一緒に住んでいます。
  • 留学生は日本人学部学生と同様に全ての施設を利用することができます。
  • Students are evaluated on their Japanese language proficiency every semester and then placed into a suitable Japanese language class based on their proficiency.
  • There are various elective Japanese related subjects such as Japanese economics, society, and management. Japanese related subjects are taught in English or Japanese.
  • Students can learn Japanese and experience Japanese traditional culture through activities outside the classroom. Our Japanese students also live in International Seminar House (on-campus dormitory) as resident assistants (RA) to support international students with day-to-day living and study.
  • Students have access to all facilities available to regular NGU students.

別科紹介

ページの先頭へ