グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  現代社会学部 >  「留学」my story  >  「留学」my story #04

「留学」my story #04


学科・学年 現代社会学科 3年
名前 野村 将真 さん
留学先 オーストラリア / クィーンズランド大学
https://www.ngu.jp/international/school-list/
種別 語学研修(短期/私費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2018年2月~2018年3月(1ヶ月)
留学時期 2年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

留学しようと思ったのは、大学1年次の秋です。「語学力の向上」と「異文化体験をしてみたい」というのが目的でした。

留学先を選択した理由を教えてください。

治安がとても良いうえに自然が豊か、ということでオーストラリアのブリスベンに留学することを決めました。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

最初は戸惑いましたが、現地での生活に慣れていくうちに、ホストマザーや他国の留学生と会話ができるようになり、大学の講義にもついていくことができました。現地の大学では、日本人以外にアラビア人、ベトナム人、中国人など他国の留学生がたくさんいて、彼らから多くのことを学びました。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

自分のクラスだけでなく、他のクラスの留学生やクイーンズランド大学の学生も参加する交流イベント(conversation with UQ)が印象に残っています。様々な国の話を聞くことができ、とても勉強になりました。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<平 日>
6:00 起床
7:00 大学へ 
8:00 講義
12:45 講義終了
13:00 友人と昼食 
13:30 大学のイベントに参加 
15:00 バスで帰宅
16:00 宿題、自由時間
19:00 夕食 
23:00 就寝
<休 日>
7:00 起床
9:00 ブリスベンを友人と散策
12:00 昼食
19:00 夕食
20:00 課題
23:00 就寝

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

はい。現地では主にインスタグラムで連絡をとっていました。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

今回の留学で培った英語力を活かし、TOEICやその他英語の資格取得に挑戦したいです。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

And the people of other countries that communication.

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

Studying abroad is the most precious trasure in life,one of the students. Graduate students,you can enjoy!