グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学紹介 >  建学の精神〈敬神愛人〉

建学の精神〈敬神愛人〉


キリスト教精神に基づく人間教育 135年の伝統

愛知県初のキリスト教主義学校である名古屋英和学校

ニューヨークのマンハッタンにそびえる「自由の女神」が、アメリカ独立100周年を祝って、フランスからプレゼントされたのは1886年のこと。そしてその翌年1887年に、本学の前身で愛知県初のキリスト教主義学校の名古屋英和学校が創立されました。創立者はフレデリック・チャールズ・クライン博士。アメリカのメソジスト教会の若き宣教師でした。
クライン博士は、1857年に首都ワシントンに生まれ、大学院修了後、メソジスト・プロテスタント教会より日本に派遣されました。1883年に日本で伝道を開始した彼は、横浜での伝道を軌道に乗せると、当時はプロテスタント未踏の地とも言えた名古屋での伝道を熱望したのです。そうして設立されたのが名古屋英和学校でした。

NGUの前身となる名古屋英和学校の創立者、フレデリック・C・クライン博士。アメリカ出身のメソジスト・プロテスタント派の宣教師

1890年に南武平町に新築された名古屋英和学校の校舎。当時としては珍しい本格的西洋建築で、「隣の県庁よりも立派」と評された。

クライン博士の掲げた精神「敬神愛人」

創立者クライン博士が、建学の精神として定めた「敬神愛人」。人間のおごりを戒め、人との調和を説いている。

クライン博士が建学の精神としたのが「敬神愛人」という言葉です。聖書には「主を畏れることは知恵の始めである」とあり、人間のおごりを戒めています。そして「隣人を自分のように愛しなさい」と、一人では生きていけない人間だからこそ、他者を愛すことの大切さを説いています。この「敬神愛人」を英語で表現すると“Fear God Love People.”神を敬うことが“fear”、すなわち「畏れよ」という意味であることに、現代に生きる私たちは気づく必要があります。人間のおごりを戒め、人との調和を説く、この「敬神愛人」の精神は、本学の歴史の中にしっかりと根をはり、今も息づいているのです。

本学のチャペルについてはコチラ