グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学紹介 >  学生広報チームNラボ >  ACTIVEな学び

ACTIVEな学び


大学生活をとにかく楽しむ。
仲間も増える!


  • 自分次第で、アクティブな学びも実現!
  • 仲間が確実に増える、サークルも、自分たちで作れちゃう!
  • 先生と仲良くなると、勉強がもっと楽しくなる

名古屋学院大学(NGU)の女子たちはとてもアクティブ。入学前は友達ができるか不安だったけど、ちょっと顔を上げると、やりたいことがたくさん実現できる環境が整っています!陽気でお兄さんみたいな先生と仲良くなったり、とにかく親しみやすくて仲良くなれる先生たちも魅力。大学生のうちから社会と接点を持って地域を盛り上げる活動もできるし、サークルも自分たちで作れちゃう。そんなサポートいっぱいのキャンパスライフを、みんな前向きに過ごしています!


河井 優子 英米語学科

自分のやりたいことがゴロゴロ!一歩踏み出すだけでキャンパスライフは変わりますよ!


三浦 芹菜 英米語学科

大学時代は何でもやってみる!そう決めて積極的に過ごせば絶対充実します!


笹川 綾香 商学科

褒めてくれる先生がいるとモチベーションもUPします。


中野 悠香 商学科

やるべきことはやってあとは楽しく。メリハリがいい感じです!


内藤 美香 商学科

ゼミで、先生から差し入れがあることも?うれしいですよ!

自分次第で、アクティブな学びも実現!

何かやりたいな~と思った時、大学の掲示板の情報はあなどれません!

せっかく大学生になったから、やりたいことは何でもやってみよう!!そう思ったある日、大学の掲示板で見つけた消防団の活動。地域の人たちと一緒に活動するのは楽しそう!そう思って活動に参加しました。

月2回、大学と地域が連携した消防団での活動で、出会った人から刺激を受けています!

消防署と地域の人の積極的な姿勢から学んだことは、「防災」を通して地域の方々、近所の人との関係を円滑にできたり、防犯にも役立つということ。いざという時、自分も人も守れる力を身につけることの重要性も実感しています。

河井さんの取材後記

せっかく大学生なのだから、やりたいと思ったことはなんでもやってみようと思って過ごしています。この消防団の活動以外にも、興味のあるサークルには片っ端から顔をだして、今では10のサークルに所属。友達も増えるし、地域への理解も深まるし、毎日がとても楽しいです!

仲間が確実に増える、サークルも、自分たちで作れちゃう!

「大学にチアサークルがなかったから」。仲間を呼びかけてやりたいことを実現!

アメリカ留学から帰ってきた3年のころに、NGUにはチアサークルがないと気がつきました。アメフト部の友達から「応援してよ」といわれたこともあり、一緒にチアをやりたいという仲間を集って、大学の窓口に申請に行きました。すると後輩たちからの反応も上々。今では週3回、みんなで体育館に集まって練習しています!

練習は和やかでみんな仲良し!本番はパリッと!本気の楽しさを実感しています。

活躍の場はアメフト部の応援や、地元企業のイベントのオープニングセレモニーなど。大学の学生課やS-プラッツ(学生支援課)にチアサークルを売り込んで活躍の場を広げています。チアサークルは今、先輩後輩がとても仲良しで、ついつい話に花が咲くこともありますが、本番前は真剣にパリッと練習しています。本気で何かに取り組むことってかけがえのない経験だと思います。

三浦さんの取材後記

自分がやりたいな~、と思ったことが実現できてしまうのもこの大学の魅力。何よりキャンパス内で学年や学部を越えたつながりができることがサークルの良さでもあります。先輩後輩の垣根を越えて、かけがえのない経験ができた大学生活。チアサークルは今後、後輩たちによってどんどん活躍の場が広がっていくと期待しています!

先生と仲良くなると、勉強がもっと楽しくなる

「よく遊び、よく学べ」がモットー。全力で遊んで学ぶ、学生生活の可能性は無限大★

学生に人気のオトコマエ先生!講義の時間以外にも、キャンパス内で学生に会うと気さくに会話が始まります。授業でわからなかったことはもちろん、会話の内容は幅広く、大人としてタメになる話も盛りだくさん。全力で学生に向き合ってくれる先生と、それに応えて頑張る学生たちの姿は、いつでも輝いています!

授業はとても厳しいけど、仲良くなれる関係性の秘密

遅刻やルール違反はご法度。仲良しだけど実はとっても厳しい先生。こまめに学内でのイベントなどを紹介してくれたりするのも、学生時代にいろんな経験をして強くなってほしいから。そんな思いや姿勢が、学生たちにはちゃんと通じてる。この心のつながりが、成長へのモチベーションになるんです!

濵先生のコメント

私たち教員は、学生のために厳しくする時は厳しく、楽しむ時は一緒に楽しむ、そういう姿勢で日々学生たちに接しています。大学生活は人生の中でも大事な時期。だからこそ「全力で学んで全力で遊ぶ」をモットーに掲げています。遊びも学びも両立させるのって実はとても大変。でもそういう生きる姿勢が、今後の人生をもっと豊かにしていくと信じています。